海外「アメリカって時々すごくいい場所になる」1800年代に医師を目指して留学したアジア人女性たちの中に日本人女性

フィラデルフィアのペンシルベニア女子医科大学で医師を目指すインド人女性、日本人女性、シリア人女性(1885年)
アナンディ・ゴパル・ジョシ、岡見京、サバト・イスランブリの3人
全員が医学部を卒業し、それぞれの国で西洋医学の学位を取得した最初の女性の一人となった
アナンディは、インドで最初の女性医師
残念ながら、彼女はインドに帰国後、数週間しか診療を行わず、22歳でこの世を去ってしまった

岡見京も日本初の(西洋の大学から西洋医学を学んだ)女性医師

サバトはクルド人初の女性医師の一人
信じられないことに、アナンディは14歳まで読み書きを習わず、19歳で医学部に進学した
アナンディはインドで最初の女性医師ではなく、インドで西洋医学を実践した最初の女性医師
22歳でなくなったのか
全員、民族衣装を着ている
とても美しい!
日本人の女性は、韓国の女優コン・ヒョジンに似ている
アナンディは幼い頃に結婚していて、当時のインド女性には教育を受ける権利がなかった
彼女の夫は彼女を大いに助け、社会と闘った
良い夫に巡り会えたのは素晴らしいこと
ま、彼女が見つけたわけじゃないけど
子どもの頃に結婚させられた男性が嫌なやつじゃなかったのは良かったよね
そうだね、そう思う
東アジア、西アジア、南アジアの女性!!
文化が違うと服装のスタイルも違って面白いね
彼女たちを題材にしたアベンジャーズ風の映画を待ってるぞ
メルティングポットだわ
当時としては圧力鍋かな
いろんなごたごたは置いといて、アメリカは時々とても素敵な場所になるよね
歴史的な瞬間だ
その一端を垣間見ることができて、とてもうれしい

この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

岡見氏のその後は悲惨だけどな
当時日本で数少ない女性医師として差別を受けたのち、信仰していたキリスト教にも利用されて医師の道を離れるしかなかった才女

返信する
名無しの海外まとめネット

管理人が取り上げなければ荒れないんだけどな…

名無しの海外まとめネット

>管理人が取り上げなければ荒れないんだけどな
だね

名無しの海外まとめネット

>管理人が取り上げなければ荒れないんだけどな…

奴らがいちいち絡めなければ管理人が取り上げる必要もないんだよ

名無しの海外まとめネット

ナルシストだからね。実際は世の中に貢献してる技術の発明は何もできないから乗っかるしかできない
日本が嫌いでも外国だと日本のブランドが強いから乗っかる
惨めで哀れな生き物だからこうやって精神を保つしかない

名無しの海外まとめネット

管理人は炎上した方が稼げるから混ぜるよ

名無しの海外まとめネット

>当時日本で数少ない女性医師として差別を受けたのち

もしかして陛下のお出ましだか御進講だかの役を途中で上司に取られてキレて仕事ぶん投げて勝手に退職した事件の話してる?
それ男女関係なくただの年功序列だよね
  
それとは別に公平に言えば「男の医者に見てほしい」という患者(または患者の家族)もそれなりに居ただろうが、そりゃ「初期」の女医なんだから受忍するべき範囲
実績ないし
看護士(旧法)だって初期は「男は雑だろうから女がいい」って言われてたしな
  
なお岡見けいは西洋医学に限定してもあくまで初期の「数少ない」女医であって別に日本初とかそういう話ではないのはその通り

返信する
名無しの海外まとめネット

お前さあ、自分で言ってんじゃん
陛下のお出ましだぞ?
その当時在籍の医師全員が呼ばれる場に「女は来るな」と言われてんだよ
何も知らないで語るのは止めような

名無しの海外まとめネット

埼玉県民からしたら日本初の女医さんは荻野吟子さん。

返信する
名無しの海外まとめネット

それな。埼玉郷土カルタでおぼえた。

名無しの海外まとめネット

いつの時代も差別や偏見に怯まず道を切り開いた人がいるから(男女問わず)、今の日本がある
インドの女性は残念だったけど、女性でも医学を修められるという事実は同国の女性に勇気を与えただろうね

返信する
名無しの海外まとめネット

シーボルトの娘が、最初の西洋医学の産婦人科医師だった。

返信する
名無しの海外まとめネット

ハリウッドで同時映画化決定らしい
プロデューサーはスピルバーグだがメガホン撮るか未定
日本人役は今秋オーディション予定

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)