海外「ここに住もうかな」「これこそ完ぺき」1623年に建設された家が横浜に

1623年に建築された家、日本の横浜
ここに住もうかな
俺たちここに住もうな
俺も住もうと思う
ちょっとちょっと狭くなってきたってー
小川があることで風流になってていいね
何を建てるかと同じくらい、どこに建てるかというのは大事だよね、美しい
玄関の代わりに小さな船着場があるということは、この家自体が前世紀のある時期にどこかから移築されてきたっていうヒントなんじゃないかって
ビンゴ!具体的には1922年らしい
聴秋閣【重要文化財】1623年(元和9年)建築
徳川家光の上洛に際し、元和9年・1623年に二条城内に建てられ、のちに家光の乳母であった春日局がこれを与えられたといわれ、嫁ぎ先の稲葉家の江戸屋敷に伝えられていました。三溪園への移築は大正11年・1922年で、これをもって三溪園は完成となりました。
意匠は、幕府の造営・修繕に関わる作事方を務めた佐久間将監によるといわれ、3つの屋根を組み合わせた外観から移築前は三笠閣と呼ばれていましたが、原三溪はこれを聴秋閣と改め、周辺を秋に紅葉を楽しむ風情としました。特に注目されるのは奥の畳の間より一段低くした手前の入口部分で、床面には木製のタイルが敷き詰められています。ここは、水辺から舟で直接上がり込むための空間で、舟遊びを意識したものであったことが想像されます。

https://www.sankeien.or.jp/facilities/inner_garden/choushuukaku/
これ、「テセウスの船」のように、この家全体が何度も移築されたり入れ替わったりしたら、日本人的には同じものには見えないのかな?
テセウスの船とは、「物の構成要素すべてを一つ残らず新しい部品へ置き換えた場合、それは以前のものと同一物といえるだろうか、あるいは全くの別物というべきだろうか」という問題のこと。ギリシア神話に題を取る。「テセウス」は神話に登場する伝説的人物の名。

https://www.weblio.jp/content/テセウスの船
「これは僕のおじいちゃんのナイフだよ、10年前に柄を好感して、刃も新しくしたんだ」
「Zillow」でこの家探してみようかな
Zillowコーポレーション(Zillowの運営会社)は、元マイクロソフト社のリッチ・バートンとルロイド・フリンクによってアメリカのシアトルを拠点に設立され、かつて同業態でシェアを分け合っていた「Trulia(トゥルーリア)」を2014年に買収(現在もサイトは別々に運営)したことにより、不動産検索サイト市場において、Zillowは全米最大のシェアを占めるに至っています。
https://mansion-market.com/sapuri/america_realestate_service/
おお、のどかでいいところだね
ただ一つ心配なのは、大雨が降ったときに、この小さな小川が鉄砲水になったりしないかなってとこだね
これ、三渓園?
そうそう、聴秋閣
周囲の環境と完全に調和してる家だね
これこそ完ぺき
釘なんか一本も使わないで、全て「あり継ぎ」でできてるんだろうな
車のない世界・・・とても穏やかだね
私日本に住んでるんだけど、日本では車なんて必要ないよ、最高だよね
日本のどこに住んでるかにもよるけど、基本的にはそうかもね
この家の住宅ローンは払い終わってるのか気になるな
本気でここに住みたい・・・とても平和な場所だ
ちぃちゃなおうちだね!ww
どこでウンコするんだ、どこでシャワー浴びるんだ、そして冬になったらこの家のどこにいればいいんだ!
この家、俺の国よりも古いぞ・・・

この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

俺の国より古いワロタwww
しかしよく知ってるなぁ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)