海外「不気味で最高」「欲しいです」1850年頃に日本で作られたとんでもない作品

子供をあやす幽霊の彫刻、日本、1850年頃
高さ6cmの象牙製
この作品の寸法はとても小さく、6.0 x 2.6 x 2.0 cm

この作品の背景について詳しく知ってる?
単に不気味でかっこいいものだったのか、それとも物語がモチーフ?
日本の妖怪というより、東南アジアの妖怪のポンティアナックを思い出させるな
遠くないし、関係あるのかも?

ポンティアナックは、出産時に悲劇的な死を遂げた、吸血鬼の性質を持つ復讐に燃える女性の霊で、幼児や母性といったイメージとよく関連付けられる
髪の細かさよ!
日本人は木彫りが得意
自分が知っているアーティストでは、最もかわいい木彫りの動物を作る日本の木彫りアーティスト、川崎誠二がいる
確かに、でも、象牙だよ
>>
アイヌの人たちは、熊の彫刻で有名
彼らの伝統文化は熊と強い結びつきがあり、観光客が来るようになってから熊を彫って売るようになった
文化の連続性という点では非常に興味深い
赤ちゃんも幽霊なの?
そうだよ
妖怪の創造性には本当に飽きがこない
徹頭徹尾不気味で素晴らしいコンセプト
これはまじで怖い
欲しいです
その時代の人々にとっては、もっともっと恐ろしかっただろうな!
これは呪われたように美しい……
結構好き
日本の幽霊はなんでこんな風に額が特徴的なんだろう?
眉毛がないのは女性のスタイルだからかもしれないけど、おでこの膨らみは理解できない
それは自分も気づいた
眉毛がないのに、おでこが高く、膨らんでいる傾向がある

ある特定の顔の特徴を強調する文化があり、それが怪物的なものの指標になるのかな
ヨーロッパ文化では、魔女は長い鼻とイボを持っているみたいに
おでこはネガティブな特徴ではないと思うんだけどな
日本の伝統的な髪型は基本的におでこを強調するためにあるんだし……
美術史については良く知らないけど、おそらく顔の表情が強調されているのでは?
膨らみがあることで、目の表情がより明確になるみたいな
これはマジで不気味

この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

クマの木彫りは北海道に屯田兵で入った
尾張藩の元武士が現金収入得るために始めたと聞いたことがある。

返信する
名無しの海外まとめネット

高木さんをディするのはそこまでだ

名無しの海外まとめネット

子供は幽霊じゃないと思うよ
子育飴の幽霊っぽい気がするし

返信する
名無しの海外まとめネット

これ赤ちゃんは幽霊じゃないのでは?

名無しの海外まとめネット

子育て飴は地元の静岡県の東海道の小夜の中山というところの峠にお店があるよ。
旧国道1号沿いにある。

名無しの海外まとめネット

>日本の幽霊はなんでこんな風に額が特徴的なんだろう?
額やおでこじゃなくて眉骨だよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

それだよね。
子育て幽霊の話して海外では余り知られていないのかな?

名無しの海外まとめネット

ウポポイ利権とかアイヌを政治利用した各国の思惑のせいで、近隣のネット仕事人がやたらめったらアイヌ文化をぶっこんでくるね。日本も同じように外国語の板にはりつける語学力のあるチームで、間違いを正していかないとダメだね。

返信する
名無しの海外まとめネット

日本一有名な怪談、四谷怪談のお岩さんの幽霊があまりに衝撃的で人々の記憶に残り、
それ以降の幽霊像が、そのイメージに大いに影響され
「夫が飲ませた毒薬で顔が崩れ、目の上に爛れた皮膚が覆い被さっている」という
状態が象徴的に引き継がれていったため、だと思うけどね

返信する
名無しの海外まとめネット

>日本の妖怪というより、東南アジアの妖怪のポンティアナックを思い出させるな
遠くないし、関係あるのかも?

いや、なんでそう思うのか不思議

返信する
名無しの海外まとめネット

この時代には象牙が入ってきていたのか
ゾウさんごめんね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)