海外「口の中にコレはやばい気がする」日本で発明された健康のためのクレイジーなお箸

日本で、食べ物をよりしょっぱく感じられる「電気」箸を発明!
塩味を人工的に増幅させる微弱電流が流れる箸で、日本でよく食べられる料理のナトリウムレベルを下げる方法の1つとして発明された
あ、そう
いいんじゃない
箸につながってるコード、切れそうだなぁ
麺と間違えちゃうかも
面白いことに、9V電池の極を舐めると、塩の味がする
そうやると電池が切れていないことがわかる
みんなが同じように感じるとは限らないぞ
衝撃を感じてヒリヒリすることはあっても、塩の味がするなんてことはない
特定の人の舌の感覚を表現したものじゃないか
冗談だよ(笑)
ネットでおばかさんが電池を舐めるよう仕向けてるだけ
くっそー、やられた
くそっ
子供の頃、なめたことがある
自分の記憶では、しょっぱさではなく痛みを感じた
塩分が高血圧を招くという説は最近の研究で否定されてるんじゃなかったっけ?
それに、電気箸を信用できるかどうか
口に入るものに電気が通っているのは、なんとなくまずい気がするんだよね
自分の理解では、高塩分は、短期的には間違いなく血圧を上げると思う
塩分を薄めようとして血流を増やそうとするから
そして、全体として血管系に負担がかかる
長期的な研究で他にどのようなデータを集め、高塩分摂取が身体に及ぼす影響について、より広い視野でどのように理解しているのか、興味があるところ
短期的に血圧を上昇させる他の方法を知ってる?
運動だよ
それは運動の副作用
運動の他のあらゆる利点がそれよりもはるかに勝っている
日本は香港に次いで世界で2番目の長寿国なのに……
日本は3番目
モナコの平均寿命は89.7歳で他国を圧倒的に引き離している
日本は味覚に関係する発明をたくさんしてるな
でも、塩っておいしいし
いつまでも生きていたいとは思わない……楽しく生きたい、そしてそれにはおいしいものを食べることが必要
そんなの関係なしに、人間は永遠に生き続けられるわけではない
人間は健康を維持することで、苦しみながら死ぬ可能性を少なくすることができる(あるいは少なくとも楽しい日々を送る時間を長くすることができる)
料理に加える塩を減らすのはどうだろう?
……それが目的なんだよね
料理の味をより塩辛くすることで、加える塩を少なくすることができる
……それがこの箸の意味ってわけよ👌

この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

箸の用途を勘違いしすぎじゃね?
高血圧の人とかが塩分控えめの味がしないと感じる料理を、あの箸を使ったら塩分がちゃんとあるように感じる為の箸だろうが。
なんで塩分がちゃんとある料理にあの箸を使って、もっと塩分を感じる為だと思い込んむんだよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

この箸でスイカを食べれば、いい感じに甘味を感じられるって事?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)