海外「かっこいい」「何だこれ凄え」16世紀に日本で作られたとんでもない『刀』

刀身に沿って蛇が刻まれた刀(日本、16世紀)
これは、ガソリンスタンドで売っている一万円のやつか、博物館の作品か、どちらかであることは間違いない
500年前はガソリンスタンドの一万円だったけど、今では博物館の所蔵
500年経っても価値がないってことだよね
50年もたないだろうね
5年ももたないだろう
なんてワルそうなんだ
蛇の向きが違うような気がする
握っている手に噛み付くようになるよね
柄(つか)がないから、これでいいと思う
柄は取り外されてるだけだよ
鍔(つば)と柄はほとんどの場合交換可能で、刃物は鍔から外して収納するのが一般的だった
それに、鍔は木や絹、エイの皮などの素材でできているから、長い月日が経つとなくなってしまって、見つからないこともある
ブルックリン99でヒッチコックが銃を口の中に入れるタトゥーを入れた時のことを思い出す
それは正しい解釈かも
刀のデザインは、使ったときの怪我や、相手を傷つけたり殺したりしたときの心理的なダメージを思い出させるためだったのかもね
とてもモダンな印象
ボールペンで描かれたような感じがする
この刃を依頼した人は、柄の先に蛇の頭があることを後悔したのかな?
そうそう!まるで呪われた刀のよう
鱗の一枚一枚もよく叩かれて作られたようで、質感も出ている
1000年、2000年前の武器だったら柄がもたないのはわかるけど、これはまだ500年前のもの
刃が錆びていないくらいには新しい
どうして柄が壊れてしまったんだろう?
あるいは、取り外されただけかかも
日本人は刀を保存するとき、柄を外すのが好き
柄はどちらかといえば使い捨てのアクセサリーだし、刀の全体像を見ることができないから
数年前、実際に見たことがある
美しい作品
一瞬、これは絵なのかと思って戸惑った
ネットで見かけるコンセプトアートにちょっと似てるね
かっこいい

この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

刀には全く詳しくないからアレだけど、デザインがまったく日本らしくない気がする
本当に16世紀の日本製の刀なのかな?
近代の、良くて軍刀、でなければ外人コレクター用に作られた物とかじゃないの?

返信する
名無しの海外まとめネット

日本は昔から突飛なデザインのものが多いぞ

名無しの海外まとめネット

500年は無いかもしれんし新しいのかも知れんが、意匠は伝統的なスタイルを外してない。
細部も凝っていて細工はオーソドックスで巧み。その辺のパチモン土産ではない。

返信する
名無しの海外まとめネット

どんな専門家様か分からないけど、彫刻を取っ払っての刀身だけ見ても工芸品レベルに達していないとど素人の私は思う。
彫刻だけを見ても見る価値無し。日本人作かどうかも怪しい。

名無しの海外まとめネット

>1000年、2000年前の武器だったら柄がもたないのはわかるけど、これはまだ500年前のもの

どこの国のやつだよ
まだ500年前とか偉そうに言える国なんてそんなにはないが

返信する
名無しの海外まとめネット

中学時代の英語の先生は日本の城は戦後に作られた歴史の浅いもので
先生の地元のボストンなどの東海岸の教会や公共施設の方が遥かに
歴史があると言ってたぞ。

名無しの海外まとめネット

素人目には刀身が今まで見たことないくらいブサイクに見えるんだが、これは本当に使える日本刀なのか?
倭刀(中国で日本刀を真似た刀)や飾り用の模造刀じゃなくて?

返信する
名無しの海外まとめネット

なんだか嘘くさいね。
ぼったくりのための素人工作みたいだ。

返信する
名無しの海外まとめネット

拡大したのを見ても鍛造したようには見えない。
全体の造形、ミネ丸味も変だしアルミで出来てるようでもある。

返信する
名無しの海外まとめネット

この彫金は駄作だ。
蛇の体はうねっているのにウロコ模様にうねりがなく直線的
子供のいたずら書きレベルだ、まるで工作機械で模様を入れやすくするためにしたようだ?
さらに、刀身は鍛造ではなく鋳物を研ぎ出したかのようにも見える
どこかの土産物ではないか?

返信する
名無しの海外まとめネット

侍なら毘沙門天とかならわかるが、
なんで蛇をチョイスしたかな。
のらりくらりいきのびるってか(笑)。

返信する
名無しの海外まとめネット

ちょっと眺めりゃすぐわかるが、鋳巣だらけ。
つまりこれは、鋳造して研いだだけの代物。
当然、刃文などあるはずもなく。
蛇も彫刻どころか、鋳型で抜いたものだ。

日本刀じゃない。
どこかの土産物。
どことは言わんが。

返信する
名無しの海外まとめネット

見れば見るほど偽物にしか見えないw反りもおかしい

返信する
名無しの海外まとめネット

画像を見てきたが
茎(なかご)に目釘穴が空いてない
実用ではないのだろう

返信する
名無しの海外まとめネット

本物の刀を見たことのある奴なら 一瞬でなんかおかしいと感じるくらいの酷いもんだよ
その後よく見るとあちこちにおかしな点に気づく 一番はどう見ても切れそうないと感じることかな
はもんも研いだ跡もないしね…

返信する
名無しの海外まとめネット

ぱっと見偽物っぽい鎬と刃先が同じに見えるとか刀身が歪んでるとか
あと使ってる金属

返信する
名無しの海外まとめネット

時代や場所によっても鍛冶師の技術は変わってくるだろうし、個人差もある。
現在残ってる全ての刀剣が一流の鍛冶職人の作品とは限らんわな。

返信する
名無しの海外まとめネット

格好悪いな…
メッキ加工されてんじゃねえのかこれ?w

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)