海外「トヨタ狂ってるだろ!」「これを求めていた」世界中のファンを熱狂させる500台限定『GRMNヤリス』

これは我々が本当に求めていた車!
『TOYOTA GRMN ヤリス』
272馬力に390トルク
これは小さなロケットです🔥
フルチューンのトヨタ『GRMNヤリス』、モリゾウ試走から直行…東京オートサロン2022

東京オートサロン2022のトヨタGAZOOレーシングブースでは、トヨタ『GRヤリス』をフルチューンした500台限定販売モデル、『GRMNヤリス』を展示。

GRMNヤリスは、2022年夏頃より全国のGR Garageにて発売が予定されており、先行予約は1月14日から専用ウェブページにて受け付けている。価格は「GRMNヤリスベースグレード」が731万7000円[税込み、以下同じ]、「GRMNヤリス“Circuit package”」が846万7000円、「GRMNヤリス“Rally package”」が837万8764円。

https://response.jp/article/2022/01/15/353169.html
標準のGRヤリスだけでは満足が出来なかったんだろう
これからホットハッチ愛好家は日本車だらけになるんだろう
可愛い見た目にそのリアウィングはちょっと場違い感あるよね
でも、そこが好き!
またヤリスかよ!
いつか発売されるGRカローラを楽しみにしてるよ
これ発売するのか?狂っているよ
早く運転したい!
ヤリスよりGR86が欲しい
私もそう思う
86も素晴らしいミサイル🔥
重量はどれくらいですか?
約1100キロ
GRMN = グレムリン?
ほしいいいいいいいい!!!
私にください
フロントがF1のバージボードみたい
バージボード

前輪とサイドポッドとの間に設置される垂直面のエアロパーツがバージボード。最も開発の余地が残されているエリアであるため、近年のF1マシンのバージボードは複雑極まりない形状をしている。フロントウイングや前輪で発生した乱流=ダーティーエアを整流するのが主な役割。これによって、マシン下部を流れる気流への悪い影響を減らしダウンフォースを稼ぐ効果を得ることができる。前方からの気流をマシン外側へ導くよう設計されるため、車体から離れるように湾曲している。

https://formula1-data.com/article/f1-car-parts-name
ガズーレーシングについては知ってるけど、MNってなんだろう?
GRMN(ジーアールエムエヌ、GAZOO Racing tuned by Meister of Nürburgring)はG'sと同時期に登場した、サーキット走行も想定した数量限定生産の最上位かつ最古のシリーズ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/GR_(トヨタ自動車)
ハッチバックのファンじゃないけど、これは興奮する
『ポンティアック・ヴァイブ』で追加してほしいな
アメリカで人気のあった初期のハッチバックだよ
トヨタ「GRヤリスより凄いのがほしいのか?じゃあ、ヤリスを連れてこよう!」
トヨタはヤリスが好き過ぎる
更に格好良いエアロパーツも揃えなきゃね
これはお父さんと息子が改造したママのお買い物車です

この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

一方日本だと800万あれば他の選択肢が有るだろと不満タラタラでしたとさ。

返信する
名無しの海外まとめネット

わいの安っいヴィッツが、今や公式であんな魔改造されているとはな。

返信する
名無しの海外まとめネット

一般人が買って乗りこなせるシロモノじゃぁないからな。
ラリーストのベース車なら安すぎるよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

じーあーるえむえぬ(マジで)

名無しの海外まとめネット

昔のグループAのベース車両よりも更に過激なホモロゲモデルと考えたら安いよな

返信する
名無しの海外まとめネット

凄く良いんだろうとは思うけどやっぱわかりやすくかっこいい車のほうが心惹かれる

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)