海外「日本語は複雑過ぎる」とあるワードを巡って外国人たちが議論

日本のアニメで「悪魔 (demon)」って英訳されてるけど、本当は何なの?

アメリカに輸出される多くの日本のメディアでは、「悪魔 (demon)」という英訳がよく使われることに気づきました

例えば、「鬼滅の刃」、「約束のネバーランド」、「真・女神転生」
その他にもたくさんあります
これらの悪魔 (demon) という英訳は、すべて違うものを表しているようです

僕は鬼 (oni) という言葉を知っていますが、鬼 (oni) というのは、特定の種類の悪魔 (demon) なのでしょうか?
鬼 (oni) の外見は、アメリカ人の僕が想像する悪魔 (demon) の姿とほぼ同じです

英訳の悪魔 (demon) はどんな種類の邪悪な存在にも使えるのでしょうか?
英訳するときに何か情報が失われていると思うんです
悪魔 (demon) はただの英訳で、日本の伝承の生き物は西洋の民間伝承のとは違う
それに悪魔 (demon) は、キリスト教とは関係ない
まぁ、日本の悪魔 (demon) だったら関係ないけど、西洋の悪魔はだいたいある
悪魔 (demon) は、妖怪、鬼などの日本語を全て含む英訳なんだよ
日本の超常現象や超自然的なものは、英語で見るとほとんど「demon」と訳されてしまう
妖怪 (yokai) は、日本の神話や民話に登場する超自然的な存在
妖怪は、善意や悪意を持つことがあり、悪意があるものは悪魔 (demon) と分類される
でも、妖怪には特に決まった姿はなく、人間、動物、人間と動物のハーフ、巨人、無生物などの姿がある

鬼 (oni) は食人鬼 (ogre) のような悪魔
子供を食べてしまうような、大きくて巨大な姿をしている
でも、特定の地域では守護神になっていることもある
これは、日本文化の悪魔 (demon) の良い説明だ
そうだよね
妖怪 (yokai) を悪魔 (demon) と訳さずに、魔物 (fae) と訳すか、そもそも訳さないで欲しいと思うときがある
超自然的な存在かー

西洋の民間伝承では、超自然的なもののほとんどすべてが本質的に悪いもので、人間を殺したりするのに
東洋では、川の守り神や何百年も前のティーポットが魂を宿し、人々にいたずらをして回っているというのは魅力的だな
いや、西洋にもいい存在はいるんだけど、そのいい存在もメディアでは悪として広まってる
例えば、ピクシーとかドワーフがそう
悪魔 (demon) はギリシャの半神半人 (daemon) という概念からきている
善悪がはっきりしない、より人間に近いものだった
妖怪 (yokai) で調べな!
妖怪 (yokai) はどっちかっていうと怪物 (monster) だよな
「魔物」もよく悪魔 (demon) と英訳されるけど
実際には魔物 (magical thing) 魔獣 (magical beast) 魔人 (magical race)と直訳したほうが正確なことが多いように思う
特に、魔物がもう1つの人種のように描かれるときは
鬼 (oni) は、どちらかというと食人鬼 (ogre) のようなもので、恐ろしい悪魔 (demon) の姿

化け物 (bakemono) は動物の姿をした変幻自在の悪魔 (demon)
怪物 (monster) と言いかえられる

夜叉 (yasya)はインド神話に由来する悪魔 (demon)

他にもあるけど、アニメで見るのは主にこの3つ
鬼 (oni) は一般的に、民間伝承の中の特定の種類の生物を指す
しかし、鬼は基本的にあらゆる想像上の(通常は怖くて人型の)生き物を指すこともある
後者では、妖怪 (yokai) とほぼ同義
お化け (obake) は普通、幽霊 (ghost) だけど
悪魔 (demon) やゴブリン (goblin) や怪物 (monster) にもなることを最近知った
妖怪 (yokai)、鬼 (oni)、悪魔 (akuma)、魔王 (maoh) など、悪魔 (demon) と一括して英訳される概念がたくさんあるな
死神 (shinigami) は?
それは神様の1種
妖怪はその1つ下で、人間界をコントロールできるわけじゃない
これは仏教、神道、道教などの伝統が混ざり合った、かなり複雑な分野だな

13 COMMENTS

名無しの海外まとめネット

まあ外国の概念を自分の国のそれに完璧に寄せるのは不可能
当たり前だけど英語圏は勘違いしてるな

返信する
名無しの海外まとめネット

日本語は「ニュアンスの言語」だからな。フィーリングでわかれ。

返信する
名無しの海外まとめネット

鬼は、元スレの15や16の人が言うように、日本人が鬼と聞いて想像する像はオーガー(ogre)が一番近いけれども、鬼は妖怪や悪魔と同じように広義的な意味でも使われる。その意味で使われると、オーガーも食人鬼といった言葉で括られるようになる。

この悪魔(あるいは魔族)≒デーモン問題は、かなり認知されるようにはなったけども、ずっと言われているよな。西洋で日本の魔族の概念がやっと伝わりつつあるんだよな。長かったw

返信する
名無しの海外まとめネット

「真・女神転生」が例に出されてるけど
あれはあれで設定上の「悪魔」だからちょっとニュアンスが違う気がする。

あの世界でキリスト教的な唯一絶対神の存在があって
それ以外の世界各地の旧神たちすべて
貶められた存在であることを指しての「悪魔」だから

返信する
名無しの海外まとめネット

天皇もそうだけど。外国には、その概念がないからね。
すでにある言葉でしか翻訳が出来ない。
本当はデーモンではないが、それに近いってことで使っているだけだ。

返信する
名無しの海外まとめネット

正直そういうのは英語にも多いから日本人は全部カタカナのまま使っている気がする。
ゴブリンとかオークとかオーガ、トロル、コボルト、全部似ているが一応日本人はカタカナのまま使うことでその出自の違いをほぼ正確に分類できている気がする。むしろ日本に入ってくる前に変化してしまった部分のほうが多くて日本人がD&D基準で理解した内容が実際は本当の由来から見るとゆがみまくってる方が気になるね。特に欧米人は日本の鬼を理解する前に自分たちの文化の鬼が日本と違ってずいぶん歪んでいることに注目した方がいい気がする。

返信する
名無しの海外まとめネット

こっちから言わせれば英語がポンコツすぎるんだよ
ハングルと同じで識字率を上げるために単純化してるから仕方ないんだろうけど

返信する
名無しの海外まとめネット

悪魔?仏教に出てくる修行の妨害をする化け物のことだろ?

返信する
名無しの海外まとめネット

というか、そもそも架空のお話で架空の設定なんだから、描かれたままの存在でしかない
当然作品ごとに中身も違う
現実の宗教や伝承とも名称だけ同じ別物だと思わないとな

返信する
名無しの海外まとめネット

yokaiとかoniって書いて注釈付け加えておくのが一番いいと思ったけど
映像作品だとそういうわけにもいかないか
色々大変だということを考えるとまとめてdemonにした方が確かに無難ではある

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。