海外「なぜ日本の住宅は価値が下がる一方なのか」日本は使い捨ての文化?

日本の家って価値が下がる一方だけど、どうして?なんで?
オーストラリア人だけど、移民が住宅需要を生み出し、住宅価格は安定または上昇し続けてる
日本は移民がおらず、人口も減少しているため、住宅の需要がない
単純な話
政府があらゆるコスト(歴史的な低金利を含む)をかけて
住宅市場を保護しているおかげで我が家の価値は上昇してる
移民はその一因だけど、それだけでは過去25年間の住宅市場の推移を説明できない
政府が金利を操作したり、外国からの投資を許可したりするとするのは
そもそも移民が需要を生み出すからだよ
日本人が幽霊やお化けを本当に信じているからかと思ってた
古い家では誰かがそこで死んだことがあって、自分に取り憑こうとしているって
まぁ、場所によっては価値が上がるんだけどね
日本では不動産バブルが崩壊して、経済がダメになった
それで、みんな日本の不動産の購入をためらってるんだ
他の国よりも地震が多くて、時が経つと建物が傷つくから
日本は国土が狭いのに人口が多いことにも注目すべき
住宅にかかる費用は、その下にある土地の費用に比べれば微々たるもの
日本はほぼ使い捨ての文化だから(神社仏閣は別)
中古車は人気がなく、すべて東南アジアに運ばれてしまう
古着屋や中古品店も人気がない
使い終わったものは捨てられる
僕が日本に住んでいた頃(だいぶ前だけど)、家は借地に建てられていることが多かった
つまり、建物と土地は別々に所有されていた
そういう慣習が、20年しかもたない住宅につながってるんじゃないかな
地震が多いからじゃない?建て替えた方が安全
建築基準法が頻繁に更新されるから、新しい住宅の方が安全だって思われてるんじゃない
あーあ、すぐに家を建て替えちゃうなんてもったいないよ
家がそうでなくても、土地の価格は上がるものでしょ?
地価が下がるとは思えないけど
日本の地価(インフレ調整後)は1999年をピークに2008年まで右肩下がりのカーブを描き(実質的な地価は1970年と2010年で同じ)それ以降は緩やかに上昇し続けている

ちなみに、これは日本全体の話、東京や大阪のような地域には当てはまらないと思う
自分の国では、安い住宅は価値が下がる
住宅はあまり価値がないという議論もあるけど、みんな良い投資だと思い続けてる
日本のような先進国でもそうなんだからおもしろい
お金をかけずに家を手に入れたいなら空き家は山ほどある
ただ、修理できるかどうか
比較的新しい家であれば、それほど値崩れしないけど、ほとんどの場合、値上がりはしない
日本において、本当に価値があるのは、家ではなく、その家が建っている土地
日本で築25年の家を買ったばかりだから、気になってる
日本の不動産市場で住宅が急激に値下がりするのは本当に問題だよ
値下がりして当然
古い家ほど、手がかかるもの

22 COMMENTS

名無しの海外まとめネット

うちはスチールハウスだから家の価値が下がっても、鉄が資産になる。

返信する
名無しの海外まとめネット

>日本はほぼ使い捨ての文化だから(神社仏閣は別)
>中古車は人気がなく、すべて東南アジアに運ばれてしまう
>古着屋や中古品店も人気がない
>使い終わったものは捨てられる
日本程、中古屋の発展している国はないぞ?
日本程古本屋のある国がどれ程ある?
日本のリサイクルショップの質の良さは多くの外国人も認める程なのに
何が使い捨ての文化だ

返信する
名無しの海外まとめネット

湿気で、コンクリートも木造も数十年でボロボロに。

返信する
名無しの海外まとめネット

バブル破綻するまでは上がり続けてたからその反動だよ

返信する
名無しの海外まとめネット

よくわからんけど例えば購入3年後とかの話をしてるのか?
老朽化で価値が下がるのは世界共通のはずだが、いまいち論点が不明だな
ちなみに固定資産税が上がるから購入後に価値が上がるのは良い事ばかりじゃないよ
売りたいなら別だけど住む為に買ってるなら価値が下がろうがどうでもいい話

返信する
名無しの海外まとめネット

10年で雨漏りが始まってリフォームや手直しを繰り返す海外の住宅と違って、日本は100年当たり前だから、相対的に価値が落ちやすいんだろ。

性能が良く、コスパも良く、長持ちする故に、市場に中古が溢れて、価値が落ちやすい。
低レベルな海外が現状維持で、高レベルな日本が高品質故に落ちやすいなんて皮肉だよね。

最も、修理や部品交換でランニングコストが掛かりすぎる海外の製品は、中古品の値段を見た時には日本よりも若干高いだけで、コスパが悪過ぎてハナシにならないレベルなんだけど。
アメ車なんて、仮に1円で買ってもランニングコストで数百万掛かるから、コスパ悪すぎて「マトモな人間」なら買わない。
でも、修理費掛かりすぎてるから、ある程度の値段で売るしかない。
で、低性能で中古も売れない。

そう言う事。

返信する
名無しの海外まとめネット

日本ではいくら中古の品質が良くても他人の手垢のついたものは嫌いだから。
住宅だってまだまだ使えて新しい品質のいいものだってわざわざぶっ壊しちゃう。
そしてまた自分の好きな新しいピカピカのを建てる。 その方が設備も最新式になって時代遅れじゃなくなるから。
中古住宅の方が柱や基礎の品質が良かったとしてもそれは嫌なんです。
それが日本人の気質。
日本人はとにかく新品で誰にも汚されていないものが 好きな民族。
車、嫁、女性、家に対しても同様。

名無しの海外まとめネット

100年当たり前とかないわw日本は気候も厳しいし。
30年も経たずに雨漏り出るわ、壁内の設備系は傷んでくるわだし。
リフォームより新築の方が結局得で、建て替えが多いから回ってるだけこと。

返信する
名無しの海外まとめネット

欧州だと古いアパートのが人気みたいね。
今では金がかかりすぎて作られない凝った作りの内装や外装が人気なんだとか。
自然災害あるわ、年一で台風、大雨来るわ、家の天敵の湿気ありまくりの日本とは事情が違う。

返信する
名無しの海外まとめネット

車検制度で公的に最低限のメンテナンスを守らなきゃいけない車と、基本売りっぱなしの住宅を同等に考えるのは違うと思うよ。逆に車検制度がなくなれば、車両整備不備による事故や故障車乗り捨てが増えるのが目に見えてるけど。
住宅に購入後に検査制度が入ればとんでもなく金がかかって困るのは庶民だろうね。

返信する
名無しの海外まとめネット

建築基準法や消防法の改正が多いのと建築の技術革新が割と速いってのがあるんじゃないかね。

建築基準法改正⇒基本構造(柱など)を変える必要あり
消防法改正・技術革新⇒断熱防火の為に壁や床などを変える必要あり

結果的にリフォームよりは作り直した方が良いってなる。

返信する
名無しの海外まとめネット

自然環境が苛烈過ぎて日本で家の寿命は30年が精々かな。
地震で揺れるし台風は凄いし、50年に1度ぐらいはエグイ天災で浸水か地盤ごとやられる。
100年耐えられる住宅でも水に漬かったら終わり、地震で歪んだり地盤ごとやられたら無駄に金かかった箱。
長持ちする家を建てるのは、リスクに対して投資が割に合わない。

返信する
名無しの海外まとめネット

減価償却が原因。
人口減で需要が低いなら土地も安くなるはずだが
人口過密な地域では土地は高止まりするが
住宅自体は過疎地と同じくらいの勢いで価値が減っていく。

返信する
名無しの海外まとめネット

これって地価ではなくて建物の話だろ。移民や人口減で需要が減ってる単純な話とか言ってるけど。もしかしたら、中古住宅の価値が下がる理由そのものがわかってないのかもしれないけど。地震やら気候で建物の耐用年数が短いからしょうがないだろ。好きで消耗品にしえるわけじゃない。できるなら長く使いたいわ。

返信する
名無しの海外まとめネット

バブルの頃だってウワモノの価値なんか上がらんわ

返信する
名無しの海外まとめネット

償却資産だから価値が下がっていくのは法律上当たり前

名無しの海外まとめネット

無知で浅い考察ありがとう
日本の歴史も風土も気候も知らんのに決めつけるな

返信する
名無しの海外まとめネット

日本の住宅価値が下がるのは、主に木造住宅の話ですよね?

海外では木造住宅が少ないから住宅の値段が下がらないのでは?

返信する
名無しの海外まとめネット

日本の家の性能が世界と比べてもゴミだからだよ
そもそも長く使えるように建ててない
気候とかの問題じゃないから

返信する
名無しの海外まとめネット

バブル基準から下がってるだけの話
都内とかの人気の土地はむしろ上がってるし

返信する
名無しの海外まとめネット

地震、台風、高温多湿ですぐボロボロになるからなぁ
古くてもきちんとした日本住宅はシロアリ予防とかしてれば100年持つけど、通気性重視なので冬は隙間風が寒いったらない。

返信する
名無しの海外まとめネット

質問の意図は、パリなんかじゃ古い建物ほど価値が上がる。それに対して日本はなぜ下がるのかってことだろ。地価の話じゃない。だから、スレタイが日本はなんでも消耗品だからって付いてる。別になんでも消耗品なわけじゃないが、家に関してはそう。長く持つ家を建てようとすれば建てられるらしいが、費用が高くなって買える値段じゃなくなる。今の家ですら首都圏での戸建ては厳しいしな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。