海外「予想外の展開だった…」 日本人作者が描いたホラー漫画が9万リツイート以上あると話題に 海外の反応



1海外の反応を翻訳しました

94,000以上リツイートされた日本のホラー漫画を御覧ください





2海外の反応を翻訳しました

よし、ちょっと今から読んでみるぞ!

…なんじゃこりゃ




3海外の反応を翻訳しました

意味不明すぎるんだけどwww




引用元:Read The Japanese Horror Manga That's Been Retweeted Over 94,000 Times
引用元:Facebook - Kotaku

4海外の反応を翻訳しました

いや、辞めとくよ
俺は結構だ




5海外の反応を翻訳しました

一体何が起こったんだ?www




6海外の反応を翻訳しました

最後の訳の分からない感じがちょっと笑えた




7海外の反応を翻訳しました

読んだけど、私が思い描いてた結末と違って意外性を感じたわ




8海外の反応を翻訳しました

もしこういう漫画が好きだったら伊藤潤二の作品も好きなはずだ

伊藤 潤二(いとう じゅんじ、1963年7月31日 - )は、日本の漫画家。
岐阜県生まれ、千葉県在住。
代表作は『富江』シリーズ、『うずまき』、『首吊り気球』、『ミミの怪談』など。
映像化された作品も多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤潤二




9海外の反応を翻訳しました

なにこれ?全く怖くないしひどい作品だ
最近のホラー漫画はどうなってるんだ? ホラー漫画のチャンピオン、伊藤潤二の「阿弥殻断層の怪」と比べると全く怖くない




10海外の反応を翻訳しました

>>9
そうだな、あの漫画は確かに最高だった




11海外の反応を翻訳しました

>>9
あと「うずまき」もね




12海外の反応を翻訳しました

お化け同士が気まずくなることってあるのか?w




13海外の反応を翻訳しました

こういうのは好きだ
もっと無いのか
この物語の結末が気になる




14海外の反応を翻訳しました

正直に言うけど、結構笑ってしまったw




15海外の反応を翻訳しました

たった4ページなのに面白い
天才だと思う




16海外の反応を翻訳しました

私はこういう絶妙な作品が大好きだ
こういう作品はもっと見てみたいな




17海外の反応を翻訳しました

このままラブストーリーなったりしないのかな
そうなったらいいな!




18海外の反応を翻訳しました

まさか最後にこうなるとは思ってなかったよ




この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

あ~よくあるわーw
同じだったときの気まずさめっちゃ分かるwwwww

返信する
名無しの海外まとめネット

※2
ふつう わんかいなよね
こらちが おけばもでさ あていが にげんんに ばてけたら
いくら ばもけのうどしでも わんかいなよねwww

返信する
名無しの海外まとめネット

>なにこれ?全く怖くないしひどい作品だ
>最近のホラー漫画はどうなってるんだ? ホラー漫画のチャンピオン、伊藤潤二の「阿弥殻断層の怪」と比べると全く怖くない

それはその通りなんだけど、全くもって的外れなんだよなぁ

返信する
名無しの海外まとめネット

外人ってほんとユーモアを理解しないよな。
日本人はユーモアに欠けるとかよく見るけど、実際のところ逆だよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

A「うらめしや~」
B「私もうらめしや~」
C「なんと私もうらめしや~」
D「うるせー!お前ら全員死ね!」
A、B、C「どうやって・・・」

返信する
名無しの海外まとめネット

このあと二人は気まずいまま別れるのか、
イチャイチャパラダイスに突入するのか

返信する
名無しの海外まとめネット

※6
お前だって海外のユーモア理解できてないじゃん

返信する
名無しの海外まとめネット

怖くないとか馬鹿過ぎて草
毎度思うんだけど外人って日本の漫画アニメを3割も理解してないよな
翻訳間違えまくりだし文化をその国にあわせて設定めちゃくちゃ出しギャグは当然伝わらないし日本独自の文化は全く伝わらない
よくそんなんで語ろうと思えるよな恥ずかしいわ

返信する
名無しの海外まとめネット

よくある怪談で、幽霊タクシーの話と乗せた女が幽霊だった話があって

もしその2人の幽霊が同じタクシーに乗り合わせたらって話だろう
もとの怪談知ってると楽しめる

返信する
名無しの海外まとめネット

ホラーとして紹介されたらそりゃ怖いか怖くないかでまず判断するわ

返信する
名無しの海外まとめネット

ホラーとして云々言ってるコメントも
ホラー漫画として紹介されたから「本当に怖いホラーというのは」と言いたいだけって感じだし
全体的には「このホラー風ギャグをどう評価すべきか」って感じで普通でしょ
肝心のギャグとして今一だから反応に困る
Twitterネタとしては丁度いいんだろうね

返信する
名無しの海外まとめネット

※3は人間の補間能力を見せてるだけなのにマイナスにされててかわいそう

返信する
名無しの海外まとめネット

やっぱり幽霊同士で縄張り的なものってあったりするのだろうか。

返信する
名無しの海外まとめネット

結局ある程度のパターンが出来上がるとギャグ化、萌え化してしまうんだよなホラー物って
特に小説のような文章でなく、マンガやアニメ、映画など映像媒体ならより分かりやすくそれが表現可能になる
貞子、伽耶子、八尺様みたいに女性の怪異ならエロ方面までカバーされてしまう
そのうちコトリバコあたりも萌え化されるかもしれない

返信する
名無しの海外まとめネット

んー
え? はネットにたまに見かける会話が通じてないけど進んでしまう
というやつだから新鮮味がないね。

日本人がツイッターで上げたものが海外に回ったのかわからん

返信する
名無しの海外まとめネット

「深夜のタクシーに乗った白ずくめの女が実は幽霊だった。」ってのが日本人には定番だからこそ、そこを裏切ってくるから面白いのであって、そこが分からん人には理解しずらいとは思う。

返信する
名無しの海外まとめネット

※23
タクシーと幽霊の話はたぶん日本発祥じゃないぞ
アメリカでは「消えるヒッチハイカー」って有名な都市伝説があるし、
世界中に似たような話がある
ドイツでは19世紀には馬車で同じような話があったらしい

返信する
名無しの海外まとめネット

日本じゃ江戸の昔から
ガチ怖い怪談もギャグ怪談も
落語家というコメディアンが演じるんだがな

返信する
名無しの海外まとめネット

気まずいってキャプションが出てるから笑うタイミング分かりやすくてまだマシなんだよな
「あー」で終わっても全然不思議じゃないわけだし読解力ある人には蛇足感すらあるもんな

返信する
名無しの海外まとめネット

※24
日本ではタクシーの前は人力車、
その前は江戸の時代の駕籠屋が幽霊を運んだとの怪談があり、
諸国百物語(十七世紀)の本にも駕籠で運んだ客が幽霊だったと言うモノがある。
(こっちが消えるヒッチハイカーの元ネタではないかと説もある)

ただし、人外の者を運んだという話は古代中国にもありますな。

返信する
名無しの海外まとめネット

※15
伊藤ずんじもホラー+笑いというジャンルだからな
あっちはそれを高次元で表現してるからそれに比べたらってのはあながち間違ってない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)