海外「せっかく日本を感じようと思ったのに…」 猫に障子を台無しにされた外国人の写真が話題に 海外の反応



1海外の反応を翻訳しました

日本の「障子」を導入したのは間違いだったかもしれない





2海外の反応を翻訳しました

猫にとってはとても喜ばしい遊び道具のようだけどね :)




3海外の反応を翻訳しました

和紙の代わりにガラスにすればいいんだよ




引用元:Saw this online and thought these cats fit right in here...

4海外の反応を翻訳しました

こういうのって高価な物なんだろ?
気の毒だ




5海外の反応を翻訳しました

猫「障子ってこうやって入るもんだろ?」




6海外の反応を翻訳しました

扉として機能しなくなってしまったな




7海外の反応を翻訳しました

私の家も障子があるんだけど、猫が引っ掻いて破ってしまったんだ




8海外の反応を翻訳しました

障子を導入したことは悪いことではない
猫を買ったことが間違いだったんだ




9海外の反応を翻訳しました

猫にとっては登ったりできる楽しい遊具なんだろうな
障子は確かに良い物だけど、ペットを飼ってる人にはオススメできる物ではないね




10海外の反応を翻訳しました

猫が大人しくいい子できるペットではないことは最初から分かってたはずだ




11海外の反応を翻訳しました

日本が好きすぎてせっかく買ったのにショックだったな




12海外の反応を翻訳しました

猫が障子を破ったせいで覗かれ放題だな




13海外の反応を翻訳しました

右の猫「やっちまった!これは事故なんだ!」




14海外の反応を翻訳しました

猫が楽しそうだから私だったら許しちゃうわ




15海外の反応を翻訳しました

おいおい、これは自然に起こった出来事なのか?
左の猫が逆さまになってるが、これはやりすぎだ




16海外の反応を翻訳しました

イケアで売られてる「障子ランプ」も猫に破られるよね




17海外の反応を翻訳しました

>>16
俺を救ってくれてありがとう!
購入しようか考えてた所なんだ




18海外の反応を翻訳しました

>>16
分かるよ





19海外の反応を翻訳しました

「紙を使った物は何も買うな」ということを教えられた気がした




20海外の反応を翻訳しました

猫「新しいジャングルジムを買ってくれてありがとな!」




この投稿へのコメント

名無しの海外まとめネット

猫に障子を破られるなんてまさに日本的な体験じゃないか!

返信する
名無しの海外まとめネット

猫と障子は相性が悪すぎる
昔の日本人が猫を家にあげたがらないのも障子があったからじゃないか?

返信する
名無しの海外まとめネット

躾が悪いだけだろ
ウチはちゃんと「駄目だ」って覚えさせたから被害無いわ

返信する
名無しの海外まとめネット

江戸時代以前は、猫は飼うものじゃなくて薬食いだった。もちろん犬もね。
室町時代の集落の台所跡から骨が見つかってる。日本人は普通は食べちゃうから
障子を破られることはない。

返信する
名無しの海外まとめネット

この画像数年前に見たことある
ネットで見つけた画像引っ張ってきただけだろ

返信する
名無しの海外まとめネット

※8
ウソ乙!
そもそも穀物を守る猫除けを常食するわけがない。
猫の肉が泡肉(あぶくにく)と言われるくらい、灰汁が出て食用に適さない。

返信する
名無しの海外まとめネット

親戚の家の障子は1箇所だけすだれ状に和紙が貼ってあって
猫はそこを出入りしてたな
特に猫にしつけをしてるわけじゃなかったけど

返信する
名無しの海外まとめネット

上の人も書いてるけどこれはココニャさんの画像でそこに文を書いて
投稿して、それを読んだ外国人がスレ主の家の写真だと勘違いして
コメントしてるのをここのサイトが翻訳してしまってるんだよ
画像の英文はGoogle翻訳では
『日本の「障子」のドアを買うのは良い考えではありませんでした...』だった
スレ主がちゃんと説明文を書いてないのだろう

返信する
名無しの海外まとめネット

※7
マジか?
うちのネコは、「やっちゃダメ」と教えたことは、
ほぼ必ずやる。

返信する
名無しの海外まとめネット

これこそ日本。
かれはパーフェクトに近づいている。

返信する
名無しの海外まとめネット

これを微笑ましいと感じられないようなら猫を飼うのは諦めた方がいい。

返信する
名無しの海外まとめネット

2~3回やって叱られるとやらなくなるけどね
そこらへんは猫も幼児も同じ

返信する
名無しの海外まとめネット

※16.
ウチもだよ。
何が何でも諦めずに完遂するバイタリティの持ち主。

返信する
名無しの海外まとめネット

※8
平安時代には帝が日記に「猫かわいい猫かわいい俺の真っ黒な猫かわいいかわいいかわいい猫かわいい」って萌えてる国、それが日本
日本人差別を煽るためなら平気で嘘つくんだな
そんな暇があるなら君の祖国の戦争がはじまる前に徴兵の要請に応じたらどう?

返信する
名無しの海外まとめネット

大画面のテレビで障子の隙間から和物AV見たら雰囲気出るかな…

返信する
名無しの海外まとめネット

※8

源氏物語の昔から猫って滅茶苦茶可愛がられてんぞボケナスが。

返信する
名無しの海外まとめネット

安い和紙なら高価な物ってほどじゃないかもしれんが、貼り直すのがめんどい

返信する
名無しの海外まとめネット

愛猫が楽しめたんだ、それだけで障子の価値はあったじゃないか

返信する
名無しの海外まとめネット

格子戸で爪研いだりレースカーテンで遊んだりテーブルやこたつやキッチンカウンターに乗ったりしてるのを可愛いとは思うが掃除が大変なので家は躾ているからやらなくなったよ。多数飼ってて躾に手が回らないならしょうがないが2匹までなら3歳ぐらいまでで覚えてくれるし要は飼い主にやる気があるかどうか。料理中横で見守って貰ったりも憧れるけどね。

返信する
名無しの海外まとめネット

どこも破れていない状態をどれだけ保てるかにかかってる
少しでも破れていると猫もそこを認識して際限なく遊び始めるから
破れてさえいなければ自分で破るような猫は居なかったな、うちは

返信する
名無しの海外まとめネット

『くるねこ』の 享年5分 ってタイトルのお話を思い出しました(オシャレなランプシェードが破壊されてお化け提灯に…)

返信する
名無しの海外まとめネット

障子だけじゃねぇ~ゾ!。

襖ビリビリ畳で爪研ぎ。
ひどい時はボロボロになった襖の押し入れの中に入り、出る時は襖にタックル。当然襖外れてが外向きに倒れてくる。

返信する
名無しの海外まとめネット

築70年の古臭い実家で飼ってた猫は、豪快に突き破ることよりも爪先を器用に使って一見わからないほどの小さな穴を空けるのが趣味だったから張替えは年1回で十分だったな

「うにゃ♪っにゃ♪」って小声で呟きつつゴロゴロ喉鳴らしてて、何処にいるんだと探すと大抵障子の前、母の目を盗みつつるんるんノリノリで慎重に慎重に小さな穴をあけてたよ、懐かしいな

返信する

名無しの海外まとめネット へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)