海外「こいつは完璧な寿司だ!」 色鮮やかなオレンジ色のサーモンの握り寿司に外国人が興味津々 海外の反応



1海外の反応を翻訳しました

最高の握り寿司を2つ食べた





2海外の反応を翻訳しました

寿司は大好物なんだ
超美味しそう




3海外の反応を翻訳しました

サーモンの見た目は、まるで高級牛のようだね…




引用元:[I ate] Two perfect slices of salmon sashimi over rice

4海外の反応を翻訳しました

それが紅鮭だったらいいんだけど…




5海外の反応を翻訳しました

完璧すぎる




6海外の反応を翻訳しました

たった一つの不満
2巻だけ!




7海外の反応を翻訳しました

本物の寿司に見えない!
むしろ、これ見てオレンジアイスを思い出したよ





8海外の反応を翻訳しました

オレンジ色の美しい魚だね
それはどこのサーモンなの?




9海外の反応を翻訳しました

>>8
バンクーバーのサーモンみたいだ





10海外の反応を翻訳しました

>>9
南カリフォルニアだよ
バンクーバーのサーモンは真っ赤な色をしていて、まるでマグロのようだね!




11海外の反応を翻訳しました

とても綺麗だけど、結構筋があるね




12海外の反応を翻訳しました

今すぐお寿司を食べたくなっちゃった




13海外の反応を翻訳しました

まるでバターを塗っているようで完璧だね




14海外の反応を翻訳しました

ピクサー映画に出て来そうな寿司だね




15海外の反応を翻訳しました

このサーモンは養殖魚のようだね
アラスカのサーモンの漁師に心から感服するよ
絶対に養殖魚を食べてはいけないよ




16海外の反応を翻訳しました

サーモン大好き!
いつも言っている事なんだけど、70年代にノルウェーがサーモンを日本へ紹介するまで、寿司にサーモンは無かったんだよ




17海外の反応を翻訳しました

>>16
違うでしょう
寿司は日本の室町時代である1336年~1573年に始まっているんだよ




18海外の反応を翻訳しました

>>17
サーモンの寿司だけだよ!




19海外の反応を翻訳しました

>>18
それも違うよ
ノルウェーが最初に日本へサーモンを輸出した時は、寿司のネタになるなんて思ってなかったんだよ
ほとんど、焼いたり揚げたりして調理して食べていたからね
南カリフォルニアで、マグロやサバよりもとてもコスト効率が良いというので、80年代中旬に最初に世に広まったんだ




20海外の反応を翻訳しました

携帯で見てたんだけど、思わず携帯を食べようとしちゃったよ




22 COMMENTS

名無しの海外まとめネット

寿司発祥室町時代説とかどこで仕入れた知識なのやら。
ノルウェーは80年代から寿司ネタとして、
国を挙げて、日本へ売り込んできたのだけど。

返信する
名無しの海外まとめネット

サーモンの時点で本物の寿司ではない。
寄生虫が多いので100%冷凍だから。
旬や鮮度を包丁や握りの技術で食べるからこその高い金額なのであって、解凍したサーモン寿司は単なるボッタクリだ。

返信する
名無しの海外まとめネット

>70年代にノルウェーがサーモンを日本へ紹介するまで、寿司にサーモンは無かったんだよ

その後の説明コメでもいつも一部分しか説明しないから、この話って筋立てて伝わらないんだよね。日本では昔から鮭は食べてたけど、寄生虫がいるから生では食べなかった。凍らせたら寄生虫を殺せることが分かってたから北海道ではルイベにして食べてたけど、冷凍保存が一般的でない時代では北海道以外では普及しない食べ方だった。だから江戸前寿司で鮭がネタにならなかった。ノルウェーからサーモンが輸入されるにあたって、そもそも冷凍状態で輸入されるから寄生虫の心配がなくなった。だから寿司ネタとして使えるようになった。
なんか外人って魚にあんまり接してないからなのか、寿司を語る時にまず「食品衛生的にどうか」って観点から語ることがないよね。日本人だと何か新しいネタだとまず「それ衛生的にどうなの?」「鮮度はどうなの?」「安全に食べられるの?」って所が一番気になるところなんだけど。一歩間違ったら即食中毒や死に至る危険もあるだけに。

返信する
名無しの海外まとめネット

サーモンの握りを「完璧な」寿司とは思わないけど、
アボカド巻いてようがサーモンだろうが、衛生的で美味しければ良いと思うよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

※8
無意識なんだろうけど、彼らなりに魚の安全性を気にした結果が
サーモン偏愛なんだと思うよ。
サーモンならなじみがあるし、
同じ白人のノルウェーが広めたから安心なんじゃね?
活け締めほか、魚の鮮度を保つ処理と流通の技術が揃ってないと、
多くの魚は生では食べられたもんじゃないもん。

返信する
名無しの海外まとめネット

天然モノのサーモンを生食する馬鹿外国人(笑)
寄生虫だらけだろ。
養殖モノだから生食できるんだぞ。
まぁ、冷凍して視認すれば多分大丈夫だろうけどな。
でも、寄生虫に当たっても寿司が悪いわけでも、日本のせいでもないぞ!お前らが情弱なのが悪いんたからな(笑)

返信する
名無しの海外まとめネット

サーモンの寿司wwwww
ガキじゃないんだから食うなよ恥ずかしい奴らだなあ

返信する
名無しの海外まとめネット

生のサーモンがノルウェーからなだけでそれ以前から鮭は寿司で食われてたよ
実家が北海道だけど紅トロって握りが小学校の頃(1970年代)にはすであったし

返信する
名無しの海外まとめネット

※8
>ノルウェーからサーモンが輸入されるにあたって、そもそも冷凍状態で輸入されるから寄生虫の心配がなくなった。だから寿司ネタとして使えるようになった
おーい、ノルウェーサーモンは生だよ、冷凍してない。それが売りだから。

返信する
名無しの海外まとめネット

日本でも1912年にはサクラマスを酢で絞めて酢飯と一緒に押した駅弁が売られていた
因みにノルウェーサーモンというのはアトランティックサーモンを別の名前で呼んでいるだけで、日本の鮭というよりニジマスに近い種類
ニジマスはニジマスで色々いるし鮭みたいなもんだが省略

返信する
名無しの海外まとめネット

10貫なら赤身、中トロ、イカ、軍艦イクラ、軍艦ウニ、エビ、アナゴ
赤貝、タコにサーモンくるくらだな
光物は好き嫌い多いので除いた

返信する
名無しの海外まとめネット

・サケ属:サケ、ニジマス、サクラマス、ギンザケ、イトウ、マスノスケ、カラフトマス 等々
・イワナ属:イワナ、ブルックトラウト、オショロコマ
・タイセイヨウサケ属:ブラウントラウト、タイセイヨウサケ(ノルウェーサーモン)
・イトウ属:イトウ各種
ノルウェーサーモンでも日本の養殖物でも、生食は冷凍処理後でなければダメ
鮮魚を加熱調理用途で冷蔵やチルドで輸入する意味は無い
火が通ってないという意味では生だが嘘はいかん

返信する
名無しの海外まとめネット

大昔、病院で働いて頃、北海道からの贈答鮭を自分でスモークしてサナダ虫出て来ちゃった主婦が来院したことがあったよ。薬は取り寄せになって届くまで何度か虫持ってご来院、「虫、見る?もう死んでるけど~」って言われてうっかり見ちゃって以来、生のサーモンが怖い…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。