【はじまったな】Google開発の最新人工知能囲碁ソフト「AlphaGo」、人間のプロ棋士に勝利



2016年1月末、Googleが最新のAI(人工知能)技術を用いて開発した囲碁ソフト「AlphaGo(アルファ碁)」が、人間のプロ棋士に勝利したというニュースが世界を駆けめぐりました。SF映画を思わせるニュースに興奮する海外の反応をどうぞ。

1海外の反応を翻訳しました

Googleが開発したAI(人工知能)を用いた囲碁ソフト「AlphaGo(アルファ碁)」が、人間のプロ棋士に勝ったそうだ。対戦相手は中国出身の囲碁ヨーロッパチャンピオン、プロ棋士のファン・フイ氏。



グーグルが最新人工知能使い囲碁ソフト開発 プロに勝利

アメリカのIT企業、グーグルの研究グループが最新の人工知能を使った囲碁のコンピューターソフトを開発し、人間のプロ棋士に勝利したと発表しました。
囲碁でコンピューターが人間のプロに勝つのは初めてです。


これはアメリカのIT企業、グーグルの研究グループが28日発行のイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に論文を発表したものです。

論文によりますとグループが開発した囲碁ソフト「AlphaGo」には膨大な可能性を計算して打ち手を探す従来の方法に加え、「ディープラーニング」と呼ばれるコンピューターがみずから学習する最新の技術が使われているということです。

グループによりますと、中国出身のプロ棋士と対局し、「AlphaGo」は5戦全勝したということで、囲碁でコンピューターが人間のプロ棋士に勝つのは初めてだということです。

グループではことし3月には世界のトッププロ棋士の1人で韓国のイ・セドル九段と対局することにしています。

NHK NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160128/k10010388481000.html


AlphaGo: マシンラーニングで囲碁を

過去 3 回ヨーロッパチャンピオンに輝いたプロ棋士の樊麾 (Fan Hui) 氏をロンドンオフィスに招き、AlphaGo との対局を催しました。
この対局は、昨年 10 月に非公開で行われ、AlphaGo が 5 対 0 で勝利を納め、コンピュータープログラムが、初めて囲碁のプロ棋士に勝利しました。

私たちは、コンピューターが囲碁をマスターし、AI にとって最難関といわれた問題を解くことに成功したことを喜んでいます。
しかしながら、この結果の最も重要なことは、AlphaGo が人間の手によって作られたルールに基づいた「エキスパートシステム」ではなく、普遍的な機械学習技術を使って、囲碁を自らマスターした、という点です。
そして、AI アルゴリズムを素早く効率的に開発・テストする上で、ゲームは最適なプラットフォームではありますが、最終的には、私たちはこうした技術を、重要な現実世界の問題に応用していきたいと考えています。

Google Japan Blog

http://googlejapan.blogspot.com/2016/01/alphago.html




囲碁とは、2人で行うボードゲームの一種。
交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。
単に碁とも呼ばれる。

2人のプレイヤーが、碁石と呼ばれる白黒の石を、通常19×19の格子が描かれた碁盤と呼ばれる板へ交互に配置する。
一度置かれた石は、相手の石に全周を取り囲まれない限り、取り除いたり移動することはできない。
ゲームの目的は、自分の色の石によって盤面のより広い領域(地)を確保する(囲う)ことである。

発祥は中国と考えられ、少なくとも2000年以上前から東アジアを中心に親しまれてきた。

西洋的な価値観からはチェスなどと同様マインドスポーツ(つまり競技)でもあり、国際囲碁連盟は国際オリンピック委員会が承認する国際スポーツ団体総連合に加盟し、五輪競技としての採用を目指している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/囲碁




2海外の反応を翻訳しました

俺個人としては社会がコンピューターに支配されるの賛成w




3海外の反応を翻訳しました

喜んでいいニュースなのかな?ちょっと怖いんだけど…




4海外の反応を翻訳しました

オーケー、コンピューターたち、世界をお前たちの好きにしたまえ。




5海外の反応を翻訳しました

は じ ま っ た な




引用元:The computer that mastered Go
引用元:Google Just Beat Facebook in Race to Artificial Intelligence Milestone

6海外の反応を翻訳しました

グーグル・ディープマインドのCEO、デミス・ハサビスさん
「囲碁はとても歴史の長いゲームです」


イギリス囲碁協会のトビー・マニングさん
「最初はAlphaGoが負けると思ってた。だけど驚いたよ。AlphaGoに対する評価を変えなきゃならないね」


グーグル・ディープマインドのデイビッド・シルバーさん
「今後、AlphaGoを現代最強の棋士と対戦させる予定です。ヒトの弱点を突くんだ」


「ヒトが勝つほうに私のポケットマネーを賭けてもいいけど、そんなにたくさんは賭けられないかなw」
※イギリス人らしいジョークという感じがしますねw


「ヒトには弱点がある。疲れるし、ミスもする。でもコンピュータは疲れないしミスもしない。同じゲームを1日に数千回だって繰り返して訓練ができる。だから結果的にヒトのレベルを上回ることができるんだ」






7海外の反応を翻訳しました

2015年10月某日、ヨーロッパチャンピオンのプロ棋士、中国出身のファン・フイ氏が極秘でグーグルの会場入り。


ついに、2015年時点最新の人工知能とヒトのプロ棋士(ヨーロッパチャンピオン)の対戦開始。こんなふうに、AlhaGo側は計算結果を人が代わりに碁盤に打っていきます。奥がAlphaGo側、手前がファン・フイ氏側。


ファン・フイ氏「面白いじゃないか…」


「そりゃあ私だってときどきはミスもするさ!」
形勢不利に苛立ち気味のようです。


「ややこしくなってきたぞ…ややこしくなってきた…」


「……」
5連敗に声も出せず頭を抱えるファン・フイ氏。


「(代打の人と握手したけどホントは)AlphaGoと握手するところだよね!」






8海外の反応を翻訳しました

M&M’sとかほかの糖衣チョコレートでやったらいいと思うw勝ったほうが相手のチョコを食べれるルール。





9海外の反応を翻訳しました

カンペキなデート相手を探し出してくれる、人間を超えた能力を持つハイパーインテリジェントな出会い系サービスを作ってくれよ、俺のためにw




10海外の反応を翻訳しました

俺が囲碁に関してできるのなんて碁石を数えるぐらいなのに(´;ω;`)




11海外の反応を翻訳しました

>>10
俺も…




12海外の反応を翻訳しました

自分が生きてる間に人工知能の分野でこれほどの進歩が起きるなんて思ってなかった。すごいな。3月の対戦が楽しみ!




13海外の反応を翻訳しました

このニュースを肯定的には捉えられないけど、囲碁をたしなむ者としてのプライドを焚きつけられたことは確かw




14海外の反応を翻訳しました

AlphaGo同士を戦わせたらどうなるんだろう?すっごい興味ある。




15海外の反応を翻訳しました

こういう仮定が可能なのかはわかんないんだけど、双方が完璧にプレイした場合、どっちが先攻したかによってどっちが勝つかっていうのはあらかじめ決まってるのかな?決まってるんじゃないかと推測してるんだけど。




16海外の反応を翻訳しました

>>15
うーん、たぶん答えは出せないんじゃないかな。




17海外の反応を翻訳しました

>>16
その質問に答えるには、囲碁というゲームを「解く」必要がある。そのためには、完璧であると証明できるプレイ(≒解法)をプレイしうるアルゴリズムを探し出さなきゃいけない。すぐにできるとは思えないね。だけどいつかはできるだろう。




18海外の反応を翻訳しました

このニュースは信じないな。だけどいつかは囲碁の極意は暴かれるだろうね。そうだな、200年ぐらいあとにwww




19海外の反応を翻訳しました

人工知能開発のひとつの大きな目標がたった1つのゲームをプレイすることだったっていうのを見てると、コンピューターが本当にヒトの生活をこなせるようになるまでにはまだまだ遠いと感じざるをえないな。話が面白くなるまでに俺は死んじまうだろうね。




20海外の反応を翻訳しました

>>19
人工知能は教えこまれたことを実行したわけじゃなくて、自ら学習してプレイしたんだよ。だからこれも注目されるべき目覚ましい一歩。




21海外の反応を翻訳しました

AlphaGoは不正をしてる!藤原佐為の力を借りてるんだ!w



※藤原佐為は漫画・アニメ「ヒカルの碁」に出てくるキャラクター、平安時代の天才棋士。
霊として人に憑いて、天才的な囲碁の力を発揮させます。




22海外の反応を翻訳しました

レッツ碁ーwwwww




30 COMMENTS

名無しの海外まとめネット

将棋ではAIはミスしていないがそれを作った人間がミスしていたせいで
AIが負けた勝負があったな

返信する
名無しの海外まとめネット

ヨーロッパチャンプなのに中国人移民か。
なんつーか萎えるわ。

返信する
名無しの海外まとめネット

中国人プロ棋士に勝ったって聞いたからすげえと思ったけど
中国出身の欧州王者って微妙じゃね?

返信する
名無しの海外まとめネット

凄いけど、
ヨーロッパのプロなんて大して強くないからな

返信する
名無しの海外まとめネット

※欄>>7
3月には世界トップのプロ棋士(韓国人)と対戦するってよ。勝算があるってさ。俺は楽しみ。

返信する
名無しの海外まとめネット

AIはミスしないと言っても正解が分かっている場合の話。
最強クラスに勝てるようになるには、もう少し時間がかかるだろう。

返信する
名無しの海外まとめネット

チェスや囲碁はもう人工頭脳の方が優位だが、将棋はまた人間の方が優位らしい。その理由は、将棋は相手から奪ったコマを空いた盤面のどこにでも打ち込めるから、飛躍的に手数が増え、制限時間内に読み切れないからだと言う。だからコンピュータは読んだところまでの最善手で打つしなかくなる。ところが、人間の場合は、考えられる最善てをいくつかに搾り、その手筋だけを読む。だからコンピュータより早く最善手に達するのだと言う。では、その候補の手筋をどう絞っているのかというと、「勝負勘」又は「経験」「インスピレーション」だという。人間が、正確に読みもしない最善手を絞れるのは何故か。これは大きな謎として残されているという。おぉ、神様!

返信する
名無しの海外まとめネット

韓国の囲碁ソフトが世界一じゃなかったかな。
中国のトップクラス5人に勝ったらしいよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

イ・セドルにかつことができたら、人間は完敗だろうなぁ

返信する
名無しの海外まとめネット

セドルはまだ世界トップクラスなん?
ヒカルの碁流行ってた頃にクッソ強かったのって多分彼だよな?

返信する
名無しの海外まとめネット

※13
今回がプロ打倒は初って書いてあるのに?
何子か置いたとか、現役退いた元タイトルホルダーとかじゃなくて?

返信する
名無しの海外まとめネット

ラジオで聞いたが、棋士の人いわく、今回の対戦相手はドーハの悲劇の時の
日本代表ぐらいのレベルの人だそうだ
そして、その棋譜を見るに20年ぐらい前のデータを学習した感じに見えるが
今度本気に強い中韓の人(誰だか忘れた)と対戦する時までには、
現在の棋譜データを取り込めれば更に強くなるのではないかという事で、いい勝負になるのではないかという話だった

返信する
名無しの海外まとめネット

※17
今度やる強い棋士ってのは上で名前出てるけどイ・セドルだね
中国棋士が台頭してくる以前は手がつけられないほど無双してた
今は他にも強いの多いから無敵ってほどじゃないけど、それでも世界五指に入るレベルの棋士
クソ傲慢だからヒカルの碁のコヨンハに似てるって言われてたな(実際のモデルは別人で、セドルはスヨンの方のモデルだけど)
まあこのクラスにも余裕で勝つなら囲碁も人類の敗北かな

返信する
名無しの海外まとめネット

囲碁に関してはコンピューターが人間を上回るって無理じゃね?
事実だったとしてそのAIを購入出来んのか?
家庭にある汎用PCで出来んのか?

返信する
名無しの海外まとめネット

※12
いつの時代の話をしてんだおまえは。将棋ソフトのポナンザは電王戦でプロのA級棋士にも余裕で勝利してんぞ。てか、一度も棋士に負けてない。
もしかしたら、羽生なら勝てるかもしれないけど、羽生一人が勝ててもほかの人間が勝てないなら、それは人間の方が強いとはいえない。

返信する
名無しの海外まとめネット

プログラム技術がたいしたことなくてもコンピュータの演算能力と記憶容量が
増えれば有限要素ゲームなら人がコンピュータに勝つのはほぼ不可能。
総当たりすれば良い。

返信する
名無しの海外まとめネット

絶対事故らず渋滞も起こさず最短の時間で目的地に着く自動車運転人工知能の開発を早く

返信する
名無しの海外まとめネット

>>12
囲碁はアマチュア8段とかそのへんでしょまだ。 将棋こそもうトッププロでも勝てないだろ。 「おぉ、神様!」じゃねえよ。

返信する
名無しの海外まとめネット

将棋のほうが難しいって話してるひといるけど囲碁のほうが選択多いからもっと高度な人工知能必要だよ
将棋で勝ててないのは個人レベルで開発してる場所ばかりだから
グーグルレベルならまあ数年かければ人間に勝てるようになるよ

返信する
名無しの海外まとめネット

将棋はもうAI研究の主戦場から外れてるよ。
トップ棋士がAIとの対戦を避け続けるから、人工知能学会の方が去年、もう時機を逸して対戦する意味が薄れたって言ってたよ。
電脳戦を見る限り、おそらく将棋AIは2、3年前にトップ棋士に並んでたな。AIは日進月歩だから今はトップ棋士も敵わないだろう。
チェスはチャンピョンが対戦し、囲碁も今度トップクラスが対戦すると言う。将棋界は汚点を残した。

返信する
名無しの海外まとめネット

まじかよ。専用プログラムかと思いきや。
完全なAIとは・・・

※25
日本の将棋プログラムはAIとは呼べない。ただの局面評価プログラムとデータベース。
AlphaGoに将棋を覚えさせたら日本の将棋プログラムでは相手にならんだろう。

返信する
名無しの海外まとめネット

※26
そりゃ2012年から研究が始まった最新のディープラーニング技術を応用したAlphaGoに比べれば幼稚なのは仕方ない。
ただそれでも将棋に関しては2,3年前にトッププロレベルに達したと見える。今はマシンの力に制限を付けた上で、正面対決を避けプログラムの穴をつけばプロ側も何とか勝てるかもと言うレベル。その穴も改良されるからあと1、2年でほぼ完全に敵わなくなるだろう。
ましてや、あなたが言うようにAlphaGo並みのディープラーニングが応用され始めたら人間との差が一気に開くだろう。

返信する
名無しの海外まとめネット

AlphaGoが誇大広告ぎみな件 でぐぐってみwwwww 超はてブされててワロタw
リンク貼ってやろうかと思ったけど貼れなくて残念

返信する
名無しの海外まとめネット

現在最強は、韓国・李世石(イ・セドル)又は中国・柯潔(カケツ)のどちらかだけど、最近は柯潔が少し良い感じ。でも拮抗している。

AlphaGoとの対戦は、1戦目はコンピュータの2目半勝ちで拮抗(きっこう)していたけど、2戦目以降はコンピュータの圧勝という感じ(機械はしっかり打ってくるし粘着質のように打ってくる。隙がなく油断出来ないから神経をすり減らし体力を消耗する)

現役最強とは言え、李世石が全勝するのは難しいと思う(3勝2敗か2勝3敗で接戦になるのでは)

返信する
名無しの海外まとめネット

うーん、結局セドルが連敗中だな。しかもAlphaGoが圧倒的な強さで勝ってる
まあ、この欧州棋士と戦ったときは実力隠してたようなもんで、今は段違いに強くなってるらしいけどね
流石にトップ棋士に勝つにはもう3~4年はかかると思ってたのに……これがGoogleの開発力か
アマチュア相手に手こずってたのがほんの数年前だから本当に一気にごぼう抜きされた感じだねえ
将棋でボナンザが出て来たときのような「まだ何とかなる」って感じが全くない絶望的なほどの強さだな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。