中国のレストラン35店摘発!?調味料としてケシが使用された→海外「ふざけんな!」





中国でケシが調味料の料理店35店摘発 麺、焼き魚や唐揚げ

 中国の国家食品薬品管理当局は23日までに、アヘンの原料となるケシの成分を麺、シチュー、焼き魚や鶏の唐揚げなどに使って供していたとして料理店計35店を摘発し、うち5店を訴追したと報告した。

調査で、ケシの使用でモルヒネやコディンなどの成分が検出されたという。
ケシを添加物として用いることは2013年から禁止されている。
同局は地方当局に対し監視態勢を強めることを求めた。

ケシの粉末を料理に使うことは中国内で珍しいことではない。
ただ、調味料として使われた料理が中毒性に実際につながるのかどうかは不明となっている。

Yahoo! Japan

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-35076689-cnn-int




1海外の反応を翻訳しました

うわぁぁ、こんな店があるなんて…絶対行きたくねーわ!




2海外の反応を翻訳しました

マジかよ!!
俺もしかしたら食ってるかもしれないじゃないか!!




引用元:Chinese restaurants shut down after seasoning food with opium to ‘hook’ customers

3海外の反応を翻訳しました

そんなことをしてて上手く行くと思ったのか?
量が足りないし、余計に金がかかって大変だろ
店側にとって何も得がないよな




4海外の反応を翻訳しました

>>3
俺も全く同じ事を考えてた
でも中国では1kgのケシを購入するのに60ドルくらいだからそこまで高くはない




5海外の反応を翻訳しました

>>3
例えケシの量を増やしたとしてもリピーターは増えないから効果がないと思う
高齢者の場合、頭がオカシクなってコケて腰の骨を折って病院送りになる
そして3週間も経てば本当に中毒者になってまともな生活が送れなくなる
そういうオチさ




6海外の反応を翻訳しました

バカだな。ケシが客を増やす効果になるわけないじゃないか




7海外の反応を翻訳しました

>>6
むしろ逆効果だよな
中毒になってお金がスッカラカンになって、食った店の場所も忘れて、生きる事も難しくなる




8海外の反応を翻訳しました

MSG (グルタミン酸ナトリウム)を使った方がリピーターが増えると思うんだが…

※ グルタミン酸ナトリウム:「味の素」に入ってるような成分です




9海外の反応を翻訳しました

>>8
それは中毒になると言うよりも、味を高める物だよね




10海外の反応を翻訳しました

どうして MSG の代わりにそんなものを使うんだ!?w




11海外の反応を翻訳しました

もしかして、問題になってる店ってアメリカにあるのかな?
それだったら是非食べに行ってみたい




12海外の反応を翻訳しました

へぇ!すげーじゃんwwwww
素晴らしいアイディアだなwwwww
俺も是非行ってみたいなぁ〜wwwww




13海外の反応を翻訳しました

マクドナルドのような化学生物質がばんばん入ったものも何が入ってるか分からないぞ…




14海外の反応を翻訳しました

>>13
君はマクドナルド中毒なのかい?
試しに食べるのをやめてみて、自分が中毒じゃないかどうか確かめてみたら?




15海外の反応を翻訳しました

アヘン戦争の仕返しのためにやってるのさ




16海外の反応を翻訳しました

アヘンと MSG が同じものだと勘違いしてたのかね?




17海外の反応を翻訳しました

ケシっていうのはかなり強くて不愉快になるような味なんだよ
依存性もかなり高くて毎日食ってたら危険だ




18海外の反応を翻訳しました

アメリカから輸入したサルモネラ菌がたくさん付いた鳥を食うよりマシだ




19海外の反応を翻訳しました

俺は常に新しい味を探し求めてるから、興味本位で食ってみたい




20海外の反応を翻訳しました

本当…中国って働き者ばかりだよな…




47 COMMENTS

名無しの海外まとめネット

中国ってケシの実禁止なの?
普通にケシの実食べてるからちょっとカルチャーショック
七味唐辛子おいしいのに

返信する
名無しの海外まとめネット

四川料理なんて昔からシャブが入ってるって有名だったじゃん。
食材が乏しい時代に何でも食うために簡単に手に入るシャブと唐辛子をジャンジャン入れて、食えなそうにない物でも味覚を麻痺させて食えるようにしてた。
だから四川料理なんかは中毒性があるんだよね。

返信する
名無しの海外まとめネット

※1
日本人ならブラックカレーだよな!(ただしオッサン限定)

返信する
名無しの海外まとめネット

ほんまもんの中華料理食いたいなら日本の中華街の裏路地にあるような個人経営の中華料理店か台湾で中華料理食ったほうがいいぞ
本場中国は偽の中華料理(材料的に)とかこんな感じの危ない料理の店がある
台湾人は人種の特性なのか日本人みたいに比較的追及するタイプの人間が多い
結構飯がうまい店も多いぞ
中国人はダメだ金持つと怠けたり態度がひどくなったり危険だったり不衛生なものだしてくる人間が多すぎる
口に入れるものなんて作らせたらあかん

返信する
名無しの海外まとめネット

中国の外食にマトモなモノを期待する方が悪いんだよ。
値段さえ安ければLSDだって入れて中毒にするのが当たり前だろ。
それが中国の常識。

返信する
名無しの海外まとめネット

※2
それは麻の実。大麻の種ね。
でもあんぱんの上に乗ってるのはけしの種だけどね。
西洋でもポピーシード(ケシの実)って普通に使ってるけどね。
阿片ってケシの花の花弁からとる樹液だからケシの花や種食べても問題ないような気がするけど、花はやばいのかな?

返信する
名無しの海外まとめネット

本来なら料理やお菓子の材料や味付けに使うのは普通の事
それが本物、本場の味だよ

返信する
名無しの海外まとめネット

中国のものなんの疑いもなく食うバカ外人。品質について何を今更だろ?

返信する
名無しの海外まとめネット

↑にも書いてるが、ケシの実は七味唐辛子にも入ってる一般的な薬味だぞ
特別な方法を用いると麻薬になるので制限は多いけど、日本じゃ普通に流通してるしみんな食ってる

返信する
名無しの海外まとめネット

ケシの実なんてお前らも普通に食ってるのに、バカ外人とか言ってる場合じゃねぇぞバカ日本人
七味唐辛子に入ってる小さい実がケシの実だぞ

返信する
名無しの海外まとめネット

普通に七味に入ってるよな?丸いやつだったっけ?
日本人なら殆どの奴が食ったことあると思うけど

返信する
名無しの海外まとめネット

なんで日本の七味に入ってるケシの実は禁止されないのかな

返信する
名無しの海外まとめネット

ケシの実といっても麻薬成分の有るやつと無いやつがあるからね。
日本で食べてるのは大丈夫なんだろ。

返信する
名無しの海外まとめネット

記事にはケシの粉末を使っていたとか、モルヒネなどの成分が検出されたと書いてあるのに、日本でもケシの実を使うと書いている人はなんなの
日本では中毒性の成分がある種類のケシの栽培は禁じられてますよ

返信する
名無しの海外まとめネット

※18
アホすぎww ケシの種子はアヘン法の対象外。
SBの七味にも普通に入ってるわww
もちろん炒って発芽しない処理されてるがw

返信する
名無しの海外まとめネット

ケシとかでまだよかったじゃん
食材にダンボールとか汚染物質とか普通にありえる国だし

返信する
名無しの海外まとめネット

ちょっとはググろうな。
けしの実は昔から調味料として使われている、そこらのスーパーで買えるぞ。
けしの何が問題かというと、未成果をごにょごにょして生成されるのがアヘンとなる。
だから、一般に売っている調味料はアヘン成分が抜けたけしの実を乾燥させたものだな。
問題の中国で使っていたものだが、意図したものかはわからんが、調味料にする段階で成分が入ってしまったんでないか?
かといって、中毒症状が出るほどなのかっていうとよくわからんってのが
大方の見方ってわけだ。

返信する
名無しの海外まとめネット

熱処理されて発芽しなくなったケシの実は普通にお菓子の材料で売ってるが。
Amazonでも普通に売ってるぞ。

返信する
名無しの海外まとめネット

これって結構前から言われてるよな
仕事で中国行った人が帰国してから
たいして美味いと感じていなかった中国料理を無性に食べたくなったりするらしい

返信する
名無しの海外まとめネット

粉末からモルヒネの成分が検出されてるらしいから、日本の七味やあんぱんに使われてるケシの実とは別物でしょ
どんな種類のケシのどの部位を粉にしたのかは知らんけど

返信する
名無しの海外まとめネット

それでも、モルヒネ成分が検出されたって、問題になる程の量は食えないと思った

返信する
名無しの海外まとめネット

>ケシを添加物として用いることは2013年から禁止されている。

待って、3年前になってようやく禁止されたん?
それまで普通に使われてた・・・?

返信する
名無しの海外まとめネット

欧米では料理にケシの実使わないのかな?
日本だと薬味に入ってたりアンパンの上にトッピングされてたり普通に使われてたけど。

返信する
名無しの海外まとめネット

毛唐ってソムニフェルム種とヒナゲシも同じケシだから危険って思ってるアホなの?
だいたいなー、芥子坊主に傷つけて出てきた液体がアカンのや、種にアヘンの成分は殆どねーよ。ポピーシードの毒性でダメだったら、肉の臭い消しに使ってるナツメグも毒性あるんやで?

返信する
名無しの海外まとめネット

※25
欧は知らんが米で売ってる七味はケシの実入れられないから入ってないよ
六味なのか別の何かが入ってるかはしらんけど

返信する
名無しの海外まとめネット

芥子の枯れたガラ(茎葉根)を使うスープを取る時に一緒に煮込む
麻薬火鍋の中毒性でリピーター続出したらしいけど
種は薬効成分はほとんど無いから問題無いよ

返信する
名無しの海外まとめネット

麻の実ってすきなんだけど、中国では禁止なの?
アンパンのぽつぽつとか、七味のぷちぷちだよね。
おせちものし鶏が一番好き。

返信する
名無しの海外まとめネット

>ケシを添加物として用いることは2013年から禁止されている。

こっちのほうに突っ込むのがほとんどいないのが不思議

Microsoft Security Essentials によってこの Web サイトのコンテンツがブロックされました

stuffespeciallythest.doctorsofalabama.com

ホスト元: u1sokuhou.ldblog.jp

返信する
名無しの海外まとめネット

前から言われてた事じゃん。ってかケシ(麻薬成分)でも
下水油や正体不明の公害毒を食うよりはマシなんじゃねーのぉ?

中国人によると中華料理は世界一(笑)らしいが、
毒料理なんて金もらっても食いたくないし、
ましてや子供になんて食べさせられない。絶対に御免だね。

返信する
名無しの海外まとめネット

食用のケシとアヘン用のケシをごっちゃにして考えてるのがチラホラと。
日本の七味やポピーシードは食用のケシを使ってるが、今回の中国のはアヘン採取用の品種だよ。
それとも普通に道端に咲いてるヒナゲシにもモルヒネが含まれてて危険だと考えてるのかねぇ。

返信する
名無しの海外まとめネット

※12
>阿片ってケシの花の花弁からとる樹液だから
花弁って花びらのことだぞ
子房にキズをつけて出すんだよ

返信する
名無しの海外まとめネット

七味に使われてるのは知らなかったけどこしあんのあんパンはけしの実で粒あんのあんパンはゴマだね、確か。
けしの実は毎日摂るような食材でもないし使われてる量も僅かだけど、日本人だって普通に食べてるんだよね。

返信する
名無しの海外まとめネット

熱通せばへーきへーき
不安要素といえば火を扱うのが中国人ってとこだけ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。