警視庁「ドローンでドローンを捕獲するよ」→海外「SF映画みたいだ!」→SF大喜利



最近急速に普及しているドローン(小型無人飛行機)。テロなどを鑑み、警視庁は捕獲用ドローンの網で不審ドローンをからめとる方法を導入。海外では「SF映画みたい」と盛り上がりました。スター・ウォーズ、ターミネーター、あなたはどのSFがお好み?



1海外の反応を翻訳しました

日本の警視庁が、違法ドローンを取り締まるためのドローンを導入するらしい



不審ドローン、網でキャッチ 警視庁、「新兵器」導入へ

小型無人飛行機(ドローン)を悪用したテロへの対策として、警視庁は全国で初めて捕獲用のドローンを導入し、12月中旬から運用を始める。
来年3月までに機動隊の全10隊に1台ずつ配備する予定。


 警備部によると、六つの回転翼を持つ捕獲用ドローンは、取り付けた縦3メートル、横2メートルの網で不審なドローンを空中で絡め取る。
官邸や国会議事堂、皇居などの重要施設を警備する部隊にまず1台を配備する。
10日に施行された改正航空法で定めた飛行禁止区域で、操縦者が警告に応じない場合に飛ばす。

 首相官邸の屋上でドローンが見つかった今年4月の事件を受け、警視庁はドローンでドローンを捕獲する方法を検討。
様々な実験を繰り返し、網で絡め取れば、落下して通行人らに直撃する危険性も低いと判断した。
機動隊員数十人が10月から操縦訓練を積んでいる。
警備部幹部は「爆発物を積んだドローンによるテロの可能性もある。
最悪の状態を想定しつつ国の機能を守りたい」と話す。

朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASHDB362QHDBUTIL004.html




2海外の反応を翻訳しました

「よし。今日の最初の獲物だ。」




3海外の反応を翻訳しました

>>2
スター・ウォーズのセリフ!

※>>2の発言は、スター・ウォーズ エピソード V / 帝国の逆襲 のセリフの引用のようです。




4海外の反応を翻訳しました

そこへ突然…





引用元:Tokyo police using drone to hunt down the illegally flying drones – imgur
引用元:Tokyo police using drone to hunt down the illegally flying drones – reddit

5海外の反応を翻訳しました

俺たちの現実はちょっとイカレた感じになってきたな。




6海外の反応を翻訳しました

ドローン戦争がついに始まった!




7海外の反応を翻訳しました

>>6
動物たちでチームを組んで対抗しないと…





8海外の反応を翻訳しました

>>7
やばい、すごいショットだね。ドローンは修理しなきゃいけなかったかもしれないけど、このショットはいい。




9海外の反応を翻訳しました

誰かがこれ思いついたときの会話を想像するとウケるな。「ドローンでドローン捕獲しようぜ」なんて、意外と悪くないってわかるまではバカげた話に聞こえただろうね。




10海外の反応を翻訳しました

そのうちドローンがすごく安くなって、ガソリンスタンドとかで簡単に買えるようになったりしてそこらじゅうに溢れるようになる気がする。




11海外の反応を翻訳しました

>>10
蚊よけスプレーみたいにドローンよけスプレーとか買わなきゃならなくなるかもなw




12海外の反応を翻訳しました

アマチュア操縦者と警官が並んで立ってコントローラーを持って、空でドローンを戦わせてるところを想像するのが好きw




13海外の反応を翻訳しました

ねえねえ、違法ドローンを取り締まるためのドローンと同じ型のドローンを違法に飛ばす奴が出たらどうすんの?w




14海外の反応を翻訳しました

>>13
もっと大きいドローンを飛ばせばいいだけだろ。




15海外の反応を翻訳しました

>>14
タフガイどもは集まれ、筋力の見せどころだぞw




16海外の反応を翻訳しました

俺は純粋な目的でドローンを買うから、空中で警察に追いかけられても怖くないぜ。




17海外の反応を翻訳しました

>>16
撃たれるぞw




18海外の反応を翻訳しました

>>17
こいつ白人だから平気だろw




19海外の反応を翻訳しました

>>18
白人だってことが日本でも通用するかなあ。




20海外の反応を翻訳しました

>>18
日本では白人は「ガイジン」だろ




21海外の反応を翻訳しました

これ以外欲しくないってぐらいこのドローン欲しい!




22海外の反応を翻訳しました

>>21
この機種はTaro T-1000 っていうらしいぜ

※以降のレスの文脈にSkynetやI’ll be backなどのキーワードが出てくることから、この発言には、「映画ターミネーター2に出てくるアンドロイドT-1000と名前が同じでSF的だね」という意図が込められていると思われます。
以降、ターミネーターのネタが続きます。




T-1000は、映画『ターミネーター2』、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』に登場する架空のアンドロイド。

2029年にスカイネットによって開発されたターミネーター。
従来型とは異なる、流体多結晶合金(液体金属)製のボディを持つ。
その硬度は基本となる人型を構成する状態から完全な液状(粘り気の違いすらも出せる)、あるいは刃物や槍のような高い硬度を持つ固体状態まで変化することができる。
その特性から、外部からの衝撃によりダメージを負ってもすぐに再生が可能で、従来のターミネーターからは考えられないほどの耐久力を持つに至った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/T-1000




23海外の反応を翻訳しました

>>22
しかも「空で(スカイ)」「網(ネット)」つけてるって…

スカイネットは、映画『ターミネーター』をはじめとした映画『ターミネーターシリーズ』に登場する架空のコンピュータ、およびその総体である。

自我を持ったコンピュータとされており、設定の細部については作品間で相違が見られる(過去への干渉の結果、歴史が変わったためとも受け取れる)。
自己存続のために最高の優先順位で活動するように設定されており、自らを破壊しようとする存在=人類の殲滅を目的とする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スカイネット




24海外の反応を翻訳しました

>>22, >>23
なるほど……アイルビーバック…







「また戻ってくる」(またもどってくる、英語: I’ll be back)は、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが映画で演じる数多くの人物が発する台詞。
日本語訳は翻訳者により若干異なる。

マイコミジャーナルの「つい口に出してしまう映画の名台詞」では第1位、アメリカン・フィルム・インスティチュートの『アメリカ映画の名セリフベスト100』では37位に位置する。

この台詞が初めて登場した作品は『ターミネーター』(1984年)であり、シュワルツェネッガーの演じたT-800が警察署窓口で発したものである。

「I’ll be back」と「I’m back」はシュワルツェネッガーの代名詞となっており、来日した際や、マスメディアへのインタビューでは、ほぼ必ず発している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/また戻ってくる




25海外の反応を翻訳しました

「街は平和だった。あの黒いドローンがやってくるまでは…」




12 COMMENTS

名無しの海外まとめネット

千葉市のドローン特区、実現しないかなー。ちっちゃいヘリみたいなのがヴーーーンって飛んできてAmazon届けてくれたらと思うとめっちゃワクワクする

返信する
名無しの海外まとめネット

どこの国の人も考えること同じなんだなw けっこうダジャレ好きよねみんな。

返信する
名無しの海外まとめネット

ネットで撃ち落とせとか書かれてるあるけど落ちたら危ないから規制するのであって撃ち落としたら本末転倒なんだよな

だからそういう意味ではこれはありだと思う

返信する
名無しの海外まとめネット

近い未来
日本のドローンは
超AIを搭載して
変形合体するようになるだろう

返信する
名無しの海外まとめネット

ドローン操作のプロが操縦するドローンを確保してみてくれw

それで、確保できるなら、使える手法w

駄目なら、また別の手を考えようw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。