外国人「試し刷りのためにお金を刷ったら大変な事になった!」

gizou


1Anonymous

俺が持ってるコピー機は紙幣を印刷しようとするとガードがかかるようにプログラミングされてる。





2Anonymous

これはアドバイスでもなんでもないんだけど少し紙幣をズラして同じ紙に印刷したらピッタリ重なるんじゃないのか?




3Anonymous

コピー機って今そういう風になってたんだな!
初めて知ったよ!




オススメまとめ記事




4Anonymous

紙幣を印刷したらコピーガードがかかる上、シークレットサービスに通達されるっていう。





5Anonymous

>>4
もし家にやってきたら研究目的でやったって説明するよ…。




6Anonymous

これどういう仕組になってるんだろうな?




7Anonymous

こういうのがあるらしい。



ユーリオン(英: EURion constellation)とは、偽造防止技術の一つとして1996年以降に発行された各国の紙幣等に見られる模様である。
ユーリオンの元となる偽造検出技術は、日本のオムロンが1994年に設計・開発したものであり、同社が特許権を有している。
技術面の詳細は非公開であり、同社は各国の印刷局やソフトウエア・複写機メーカーなどの特許利用者に限って公開している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ユーリオン




8Anonymous

別にお金を偽造するつもりでコピーしたわけじゃないよ?ただコピー機を設置してテストとしてやっただけなんだ。でも一枚刷ったらストライプ状になるから調子がオカシイなと思って合計三枚刷ったんだ。原因に全く気付いてなかった自分の事がアホだと思ってしまった。




9Anonymous

>>8
まぁ偽造する奴はみんなそう言うよ。




10Anonymous

>>8
何か書物を試し刷りした方が良かったと思うよ。テストを行う上で良い基準点になるから。





11Anonymous

>>10
本当だよな…でも試し刷りをしようと思った時、紙幣がまず先に頭に浮かんじゃったからさ。




12Anonymous

>>11
まぁ確かにインクがちゃんと機能してるか知りたいから色が付いた紙の方がいいもんな。それだったら虹とかが良かったんだと思うよ。




13Anonymous

この前新しいコピー機を買ったんだけど、紙幣のスキャン禁止を表すマークが貼ってあったよ!





14Anonymous

俺が16歳の時これを試してみたんだけどスキャナーから直接注意を受けたよ。




15Anonymous

まぁどのコピー機にも付いてるし絶対にもうしちゃダメだぞ。




引用元:My copy machine was programmed not to completely copy money

オススメまとめ記事

この投稿へのコメント

Anonymous foreigner

印刷したら警報が鳴るのかと思ってたけどそこまではないんだな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)