TiktokやYouTube上でパラパラ漫画を公開して、人気を博している”みるくん”こと「MillkunTV」が外国人の間で話題だ。

大人気アニメ「進撃の巨人 Season3」で放送された”リヴァイVSケニー”の戦闘シーンをパラパラ漫画にして、TiktokやYouTubeで公開したところ、海外からもたくさんの反応がありました。

コメント欄に寄せられた外国人たちの反応を翻訳してご紹介します。

フリップブックには音がないと思っていたけど、リヴァイが「ケニーー!」と叫んでいるのが明らかに聞こえたんだ。

このような努力と才能に驚いてる。この動画から聞こえてくるのは「KENNNYYYY」です。
「KENNY!!!」と リヴァイが叫んでいる時の音声はないけど、それでも聞こえてきちゃうんだ😆
実際にどれだけ大変なのか想像もつかない😭ただただ驚きですブラボー!その忍耐力、忍耐力…完全に感動した。
だから俺はアニメーターを尊敬しているんだ。特に手描きのものを1コマずつ作るアニメーター。
何度も描き直したり、表情が変わったときなど同じようなシーンを描いたりしても、平然としていられるのはなぜだろう。この人に拍手を👏
なんてこった、これを描こうとしたら死んじまうよ!リヴァイ対ケニーを実際に描いたあなたに敬意を表します。これを紙の上でアニメーションにするのはとても難しいだろ。
AoT(進撃の巨人)を観たことはないけど、これは…これは全くの傑作だ。その美しさに衝撃を受けて、口が大きく開いちゃったよ。おい、これはマジですごいぞ!
これは、僕には見るに値しないほど素晴らしいものだ。 アニメーションがとても滑らかだね!
見ているだけで疲れてしまいますね…。これだけの作業をしたのは、あなただ。凄いですね。まさに、集中力、決断力、そして技術力のある人ですね。👍
うわー、めちゃくちゃすごい!100万人のサブスクがあってもいいんじゃないかな?
本当に全てのシーンを一人で、鉛筆でアニメーションさせたんですね。信じられない。まさに狂気とマゾヒズムに満ちた、あらゆる意味で素晴らしい作品です。10点10満点中10点!人間であることを誇りに思ったよ。
これを完成させるには、やる気のない私には1年はかかるでしょう。
一度も消していないことからも、その完成度の高さがうかがえます。これからも頑張ってください。
アニメーションは冗談ではない。 数秒の動きを作るのにどれだけの時間と労力がかかるか、気が遠くなるほどだ。 そしてあなたは、おそらく今シーズンの中で最もアニメーションが難しいと思われるシーンを選んだんだ。 素晴らしい仕事です。 称賛に値します。
哀れなYouTuber…この動画は550万回再生されたのに、登録者数は100分の1しかいなかった。 というわけで登録しました😃👍
僕は趣味で短編アニメーションを作っていたけど、とても大変だった。どうやって作ったのか想像もつかない。400時間で400枚の絵を描いたんだって!?感動しました👍
これで新しいエピソードの公開に時間がかかる理由がわかった。これはおかしいわ…。
今までYouTubeで見た中で一番感動しました。これは賞に値すると思います。
先生:絵から音が聞こえるわけではありません。
私:KENYYYYYYYYYY!!!!

コメント

  • 1.名無しの海外まとめネットさん 2021年09月11日 06:59

    映像をトレスしたんだろ

  • 0
  • 2.名無しの海外まとめネットさん 2021年09月11日 10:20

    こんなもの個人の趣味ではまず作らないよな
    ただ「いいね」という言葉が欲しくてここまでシコシコ描いたのか
    なんか虚しくなってくるな。

  • 0
  • 3.名無しの海外まとめネットさん 2021年09月12日 20:04

    >>1>>2
    生産性の無い奴はこうやって貶すだけしか出来ないのよね
    何か虚しくなってくるな

  • 0