中世の貴重な窓から割れ落ちたステンドグラスの破片、尖塔が崩落し聖歌隊席付近の屋根にできた大きな穴、天井から焼け落ち床に散乱したがれき… フランスの首都パリにあるノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)を15日夕に襲った火災は消防隊が鎮火にこぎ着けたが、一夜明け日の光に照らされた現場から、その被害の規模が明らかになった。

開け放たれた大きな扉の一つからは、寺院内部に焼け焦げたがれきが山になっているのが見える。
被災後の寺院内に最初に足を踏み入れた人の一人、ノートルダム寺院のフィリップ・マルセ(Philippe Marsset)司教総代理は、「爆撃を目にしたような感じがした」と語った。

しかし希望の兆しを示すものもあった。
寺院奥にあった金色の十字架が無傷で残り、闇の中で毅然(きぜん)と輝いていた。
損壊を免れたステンドグラスや彫像もある。

被害を受けずに済んだものも多く、石造部分の大半と2つの巨大鐘楼が無事だった事実は、安堵(あんど)をもたらした。
マルセ氏は「ただあぜんとしている。奇跡的という以上に、畏怖の念さえ覚える」と話している。

ノートルダム寺院火災 「爆撃のよう」屋根に穴 内部はがれき




引用元:Flames cause ‘colossal damages’ to Notre Dame Cathedral in Paris, Macron says ‘we will rebuild’

1海外の反応



2019年4月15日に起きたノートルダム大聖堂の大火災で上がる炎




大聖堂の天井が炎に包まれた


大火災を見守る男性


消火にあたる消防士たち




大聖堂の内部から見える炎と煙








2海外の反応

パリの心が火事に!!!??この偉大な大聖堂の為に祈ってください。




3海外の反応

悲しいね…パリに行ったことがある人達はどれだけの宝で傑作の建物が壊れてしまったかわかるだろうね。愛とお悔やみを。




4海外の反応

美しい場所だよね。再築されますように。ミサに行ったことがあるんだ。




5海外の反応

神様ありがとう。芸術品も守ってくれて。??




6海外の反応

>>5
はいはい…神様ありがとうか。消防士たちじゃなくて。




7海外の反応

>>6
もちろん消防士たちにも感謝だよ…いつも必要なときは出動してくれて?




8海外の反応

35歳の誕生日にノートルダム大聖堂の右側の塔の階段1100段を登ったんだ。塔の尖塔とガーゴイルが見れたよ。41年前のことだけどあの時の素晴らしい冒険を鮮やかに思い出すね。


ガーゴイル(英: gargoyle)は、雨樋の機能をもつ、怪物などをかたどった彫刻である。
単なる雨樋単体や彫刻単体ではガーゴイルとは呼ばない。
本来の意味である彫刻としてのガーゴイルは、主として西洋建築の屋根に設置され、雨樋から流れてくる水の排出口としての機能を持つ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ガーゴイル




9海外の反応

ノートルダム大聖堂の再築の為に寄付をする人たち、”いばらの冠”が救出されたこと、消防士たちが無事に戻れたことに祈りを捧げます。





10海外の反応

歴史、建築、キリスト教、美しいものを愛する世界中の人々にとってなんて酷いことが起きたんだろう…???




11海外の反応

胸が痛いよ!!!これは今まで見た中で一番美しい建築物なのに。




12海外の反応

ただの美しい建築物が燃えるのを見ただけじゃなくて、カトリック教の歴史が燃えるのも見たから本当に悲しいよ。




13海外の反応

誰かが「空を見て」って言った時、サン・ミッシェルにいたの。煙が見えたよ。波打つ緑のようなグレーの雲が西に流れて行ったのも見た。”爆弾だ!”すぐさまテロって思った。そうじゃなくてノートルダム大聖堂が燃えてたんだ。




14海外の反応

一度も行く機会がなかったけど、この火事には本当に動揺してる。なんという物が壊れてしまったか!パリに同情とハグを送ります。




15海外の反応

美術品が救出されて本当に良かった!




16海外の反応

うーーん、パリのたくさんの教会がGood Friday(聖金曜日)を前にして火事になるなんて気になるね。本当にひどい話だよ。

聖金曜日(せいきんようび、英: Good Friday)は、キリスト教用語で、復活祭前の金曜日のこと。
「受難日」、「受苦日」などとも呼ばれる。
正教会では「聖大金曜日」と呼ばれる。
イエス・キリストの受難と死を記念する日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/聖金曜日




17海外の反応

>>16
自分も気になってたんだ。どうしてHoly week(聖週間)の前にこの教会が火事になったのか…ふーん…




18海外の反応

修復されても元には戻らない。特に美術品は800年も前の物だよ…ただの教会じゃなくて、歴史であり美術館でもあったのに。




19海外の反応

嘘みたい!3週間前に行ったばかりだよ???




20海外の反応

本当に悲しい。パリでお気に入りの場所なのに。




コメント

  • 1.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 14:03

    昨日もアレの壁登ったり屋根歩いたり暗殺したりした

  • 0
  • 2.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 14:09

    ↑お前は何を言ってるんだ?

  • 0
  • 3.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 14:24

    どこの国のものだろうと歴史ある建築物が無残な姿になるのは心が痛いな

  • 5
  • 4.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 14:25

    全部石なのかと漠然と思っていたが、そうじゃないのね。

  • 2
  • 5.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 14:55

    >>3
    石造りの天井の上に木で組んだ屋根を設けてるんだってさ。
    ANNnewsCHの「石造りのノートルダム大聖堂 なぜ燃えてしまった?」
    で検索すると、建築の准教授の先生の説明を見ることができる。

  • 0
  • 6.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 15:03

    中国韓国は喜んでいるってフランスに教えてあげるべき。

  • 2
  • 7.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 15:17

    >>4の追記
    『フランスの国立科学研究センターの研究員で、大聖堂の構造を研究してきたオリビエ・ドシャリュー氏は、屋根を支えていたおよそ1300本の木材について、「800年以上前から設置されていたもので非常に乾燥していた。湿気もなく、火花か何かでいったん火がつくと手の施しようがない」と述べて(後略)』
    NHK 仏 ノートルダム大聖堂火災 専門家「木材が非常に乾燥」
    .
    むしろ800年間も火事が起きなかったことにびっくり。

  • 1
  • 8.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 16:33

    歴史的建造物って、数百年の間こういうことの繰り返しのような気がするけど
    その度に改修したり増設したり
    部分によって時代の工法が違うし

  • 0
  • 9.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 16:36

    修復中だったんだって?それが原因なのは間違いないだろ。

    多分だけど働いてるのがタバコ吸いながらやって不始末でとかじゃないのか?もしそれが移民による労働者だった場合これは相当ヤバイ火種になるだろうな。

  • 0
  • 10.修繕事情を知って、同情する気は失せたわ…さん 2019年04月18日 16:55

    フランスだけでなく、欧州の中では地震の多いイタリアの教会や今尚紛争が続く中東にある遺跡も被害に遭っている。

    2017年時から修繕が必要と言われてきたのに放置して、碌に修繕しようとしていなかったフランス政府からしたら、世界中からの寄付金は正に「棚から牡丹餅」「渡りに船」だったろうよ…

  • 0
  • 11.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 18:06

    こういう話題性あるものに寄付する富豪はいっぱいいるけど、現在飢餓で苦しんでて死者が出てるような国とかに何かする富豪は少ない

  • 0
  • 12.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 18:35

    一回目の火災警報器が鳴った時もっとちゃんと調べていれば…

  • 0
  • 13.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 19:08

    ※10
    リニア建設に福島原発を先に何とかしろと言うのと同じだね。
    もっとも、静岡県民としてはリニア建設は様々な問題を起こしていて
    (早川の土流の影響で桜エビやシラスが壊滅的不漁。大井川水系の枯渇で
    静岡県が砂漠化の畏れ)大反対なんだけどね。

  • 0
  • 14.名無しの海外まとめネットさん 2019年04月18日 19:34

    ※12
    違うぞ。
    カトリック信者の偽善的な部分を指摘してるんだろうに。

  • 1