b2a84e5a40207434f14cf39918967e4fed281f3d81eb5ab88abc7ce91b8c296aea1f63690a7e777e2f1a527dcd02f40651085956d24622a0bb8bfba2efa73ae3


49日間にわたって太平洋を漂流していた18歳の少年が、奇跡の生還を果たした。
大海原に浮かぶ1隻のいかだには、ぼんやりと人影が見える。
乗ってたのは、インドネシア人の18歳の少年。
インドネシア・スラウェシ島の沖合に浮かぶ、いかだ小屋で生活しながら魚を集める仕事をしていた。
ところが2018年7月半ば、暴風雨でロープが切れ、いかだ小屋ごと流されてしまった。
漂流から49日後の8月31日、通りかかった船にグアム沖で救助され、9月6日、山口県に到着した。
漂流中、少年は魚を捕まえて飢えをしのいで過ごし、健康状態は良好だという。
少年は、8日にインドネシアに帰国したが、日本で東京や大阪の大都会を見て、とても驚いた様子だったという。
https://www.fnn.jp/posts/00401684CX

引用元:Teen rescued after 49 days adrift at sea on a floating fish trap

1海外の反応



これが、インドネシア人の少年が漁労用のいかだで49日間漂流した後、ついに救助される瞬間です。


19歳になるアルディ・ノフェル・アディランさんは、地元でロンポンと呼ばれる漁労用のいかだに住み込んで作業をしていましたが、そのいかだを固定していたロープが切れてしまったのです。


操縦装置もない粗末ないかだで彼は2ヶ月弱も漂流しました。


このように苦しい経験をした少年はすでに家族の元に戻り、体も順調に回復しているとのこと。




2海外の反応

すごいサバイバルスキルだね!
家に帰れるって分かったとき、どんなに安心しただろう。
家族も半ば諦めてただろうね。
私だったら2、3日でダメだろうな。




3海外の反応

>>2
俺は即死だな。
水恐怖症だし。




4海外の反応

シャツで濾過した水を飲んだって?
そんなこと可能なのかな?




5海外の反応

>>4
多少は塩分が除去できると思ったんだろうね。
もちろんそれはあり得ないと思うけど。
人間窮地に陥ったら水を飲むために何でも試すんだよ。




6海外の反応

>>4
バカじゃん。海水なわけないだろ!
雨水でシャツを濡らして絞って飲んでたんじゃないの??




7海外の反応

>>6
ニュースでは海水で濡らしたって言ってるわよ。




8海外の反応

救助されるとき自力でハシゴを登ってるよね、信じられない!
普通、誰かが少年にハーネスを付けて引き上げるだろ。




9海外の反応

神様が彼を助けてくれたのね。




10海外の反応

サメがいなくて良かった!
助かってよかったけど、自力でハシゴを上がるのは辛そうだったね。




11海外の反応

>>10
49日間も歩いてなかったから、きっと足もかなり弱っていたよね。




12海外の反応

>>10
私はこの少年と同じ街の出身です。
漂流してから3週間経った頃、いかだの周りをサメが一日中旋回していたので、 彼はサメがどこかに行くように神様にお願いしていたそうです。




13海外の反応

なんだか胡散臭いなぁ。




14海外の反応

>>13
常に海の上で生活している人間なら長期間サバイバルすることも可能だよ。
バジャウ族をみてごらんよ、赤ちゃんでさえ海の上で生き残る術を身に着けているよ。

「海の遊牧民」バジャウ族

伝統的に素潜り漁を行ってきた東南アジアの少数民族バジャウ族が、脾臓が通常よりも大きくなる遺伝子を持ち、無呼吸での潜水に適応する進化を遂げていたことが、最新の研究で明らかになった。
バジャウ族は主にフィリピン南部、インドネシア、マレーシアに暮らす少数民族で、人口は約100万人。
彼らは伝統的にハウスボートに住み、東南アジアの海を移動しながら漁をしていることから、”海の遊牧民”とも呼ばれる。
バジャウ族は、木製のゴーグルとウエイトベルトだけの簡素な装備で、深度70メートル以上の海中まで数分間にわたり無呼吸で潜水するという驚異的な能力で知られる。
このような素潜りを、1日8時間程度繰り返し行っている。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-10045.php




15海外の反応

救助してくれた方々、ありがとう!




16海外の反応

49日も漂流したのに髭が生えてないな。
10代だからか?




17海外の反応

普通に元気そうに見えるんだけど。
フェイクニュースじゃないの?




18海外の反応

奇跡としかいいようがないな。




19海外の反応

当分魚は食べたくないだろうなw




20海外の反応

映画監督は誰になるかな?





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 1.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 16:44

    ちなみに、漂流三回目とか言ってたが。。。

    うーむ

  • 1
  • 2.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 17:05

    えげつない?
    日本語の使い方間違ってるだろ。

  • 0
  • 3.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 17:16

    ほんまにシャツで海水濾せるん?

  • 0
  • 4.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 17:26

    シャツで海水を濾過?
    いやいや…無理だから!
    浸透膜じゃあるまいし

  • 0
  • 5.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 18:13

    家ごと流されちゃったのね…

  • 0
  • 6.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 19:28

    最近は関西の子供とかもえげつないの使い方
    間違って使ってる
    新しい意味を持ちつつあるのかもしれないけど

  • 0
  • 7.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月27日 20:37

    もしかしたらこういうときのために、水をろ過できるシャツが漁民の業務用に売ってるのかもしれない。

  • 0
  • 8.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月28日 00:38

    すごっ
    防災備蓄準備してるけど、それ有りでも1週間以上生き残れる気がしないよ

  • 0
  • 9.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月29日 08:24

    あの小屋があったから助かったと思う。直射日光や波をかぶらない分体力の温存できたんじゃない?木を少しずつ切って、火をつけて魚も焼いてたみたいね。

  • 0