img1537933541.jpeg


エンゼルス大谷翔平投手(24)が、右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)を行うことが決まった。

時期はシーズン後、10月の第1週目に行われ、具体的な日程は公表されなかった。
球団広報によれば、ロサンゼルス市内の病院でニール・エラトロッシュ医師が手術を担当する。
同医師は7月にエ軍のギャレット・リチャーズ投手(30)のトミー・ジョン手術も担当した。

大谷は6月6日(同7日)のロイヤルズ戦で右肘内側側副靱帯(じんたい)を損傷。約3カ月のリハビリを経て、9月2日(同3日)のアストロズ戦で投手復帰したが、5日にMRI検査を受け、右肘内側側副靱帯(じんたい)に新たな損傷が見つかっていた。

球団広報からの手術の発表を受け、ソーシア監督は大谷の来年の打者出場について、「メディカルスタッフからの情報がないと何も言えないが、投げる前には、打者として戻ってくることになる。もっと情報が入ってから、いろいろ分かると思う」と話した。

大谷の決断を聞いたのは「ここ2、3日のこと」だという。

右肘を手術したとしても、打者としては一般的に6カ月程度で復帰できるとされるが、10月の第1週から6カ月となれば、来年4月の1週となる。
3月28日の開幕には間に合うかどうか、同監督は「いろいろ考慮すべき要因がある。執刀医の薦めだったり、フィジカルセラピーなど、いろいろなことがあるから、今の時点では判断するのは難しい」と話すにとどめた。

また、リハビリについては「(二刀流の復帰について)いろんなことを考慮していかなくてはいけない。投手として投げられるか、打者としてスイングできるか、そういう基準をしっかりこえていかないといけない」と話した。

同監督によれば、大谷の今後の予定は「シーズン後、少しの間はこちら(米国)に滞在すると聞いているが、その後のリハビリをどうするかは聞いていない」とした。

大谷、トミー・ジョン手術へ 時期は10月の第1週




引用元: Ohtani to undergo Tommy John surgery

1海外の反応

すぐに手術を受けさせて早く復帰させる代わりに、プレーオフに出れない意味のないシーズンでDHとして起用し続けるなんて、完全に采配ミスだよ。




2海外の反応

>>1
1ヶ月前に手術を受けるべきだったんだ。




3海外の反応

>>1
できるだけすぐに受けさせるべきだったのに、新人王を取らせたかったんだな。それで取れなかったら最悪だぞ。




4海外の反応

誰か野球に詳しい人、どうしてエンゼルスがいまだに彼を試合に出してるのか説明してくれない?手術が必要だってわかってたのにバットを振らせてる。どういうこと??




5海外の反応

>>4
投げる時にだけダメージを与えるんだ。ピッチャーとしては仕事をせずに、バッターだけやってるよ。




6海外の反応

>>4
私も納得いかないんだ。プレーオフ進出がないんだったらどうして手術を遅らせたんだ?謎だよ。それで、リハビリがうまく進まなかったら次のシーズンにも戻ってこれないだろう。




7海外の反応

>>4
チームがどんなに駄目でもお金を集めるために誰か必要だし、彼はホームランも打てるからね。だからDHで起用してもっとユニフォームを売ろうってことだよ。




8海外の反応

>>4
トミー・ジョン手術はバッティングのスイングには影響ないんだ。




9海外の反応

彼は来シーズン、エンゼルスのフルタイムDHになるだろうな。




10海外の反応

自分がOhtaniだったら、もうピッチャーは諦めてバッターだけやるっていうだろうな。そのほうが先が長いしピッチングのことを心配しなければもっとよくなれるかもしれない。まあ、すでにかなりいいヒッターだけどね。




11海外の反応

Ohtaniは一ヶ月前に自ら「手術を受けるかもしれないけどシーズンは終わらせたい。」って言ってたよ。自分の選択だったんだ。




12海外の反応

デトロイトで彼のピッチングを見れて幸運だったな。




13海外の反応

みんなこの状況に言いたいこと言ってるけどあんまりよくわかってないのが微笑ましいね。

エンゼルスはOhtaniが3ヶ月前に手術を受けていたとしても、シーズン終了後に受けていたとしても、どちらにしろ2020年のシーズンまで投げないだろうから、残りのシーズンをDHで出てても復帰のタイミングは遅れない、ときっぱり言ってる。それに2019年シーズンもDHで出れるだろうって。エンゼルスも医者達も状況は完璧に把握してるよ。




14海外の反応

「100mph(約時速160km)のスプリットフィンガー・ファストボール(ツーシーム)??自分の腕を投げちゃうぞ」

シーズン前の俺のコメント。

直球との球速差が比較的少なく落差の小さいフォークボールはアメリカではスプリットフィンガー・ファストボール(英: split-finger fastball)またはスプリットフィンガード・ファストボール(英: split-fingered Fastball)と呼ばれる。
頭文字をとってSFFと省略される。
日本では、旧くは「高速フォーク」と呼ばれていたが、日本でもスプリットフィンガー・ファストボールという呼び方が浸透した為、略してスプリットと呼ばれる場合があるが、ツーシームと呼ばれる場合もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フォークボール#スプリットフィンガー・ファストボール




15海外の反応

MLBは関係者を手術に送って腕を支えさせるかな?Ohtaniのことが大好きだからw




16海外の反応

誰かびっくりした人いるか?こうなるって思わなかった人はいるのか?




17海外の反応

このまま2刀流でやらせたらエンゼルスはOhtaniを潰すね。




18海外の反応

もっと早くに決めるべきだったけど、受けることになって良かったよ。




19海外の反応

若くて素晴らしい選手がこのことに左右されるのを見るのは心苦しいね。でも早く復帰してほしいよ。




20海外の反応

相棒、2020年に会おう!




21海外の反応

>>20
来年バッターで戻ってくるって。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 1.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月26日 18:39

    技巧派ピッチャーで手術後に球速がUPした例は聞いた事があるけど、速球派ピッチャーが手術後に球速がUPした例は聞いた事がないんだよな?
    大谷の魅力は160km超えのストレートとフォークだからちょっと心配。
    まぁ、大谷の場合はピッチャーがダメになっても野手専任って道もあるけどさ

  • 0
  • 2.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月26日 18:40

    何で海外って自分の意見をごり押しするんだろう?
    大谷君が自分の事だから色々な意見や体験談を聞いて自分で選択する
    バッターとしての経験も貴重な財産として吸収したいから試合に出続けたいって言ってバッティングでも活躍し新人王獲得できるかもしれない位までの成績を残し、DHでの地位と自信を得た

    試合に出続けたから次に繋がるものを得たのに、すぐに手術だの何だのってアホか!
    自分の事は自分で決めるでいいだろ

  • -1
  • 3.名無しの海外まとめネットさん 2018年09月26日 19:05

    ただ単に大谷が野球がしたかっただけだよ

  • 1