海外「日本の天ぷらは芸術だ」 ミシュラン一つ星を獲得した店の秘密は3種類の油をブレンドしたことにあった





ミシュラン一つ星を獲得したニューヨークにある「天婦羅まつ井」の秘密は3種類の油(太白胡麻油、綿実油、ピーナッツオイル)に秘密がありました。





天ぷらの衣には味付けはしません。なので食材の味が大事になってきます。



私の修行は20歳の頃から始まりました。

最初は野菜の仕込み、魚のおろし方からはじまりました。



27年間やってきました。



20年目にして天ぷらの親方になることができました。



天ぷらの油には3種類使っています。

一つ目は綿実油。魚、野菜の食材の味をうまい具合に引き出してくれる優れた油です。

太白ごま油は食材に胡麻の香り、胡麻の旨味を入れることができます。

最後にピーナッツオイルですが、これはアメリカに来てオリジナルで入れたものなんですけれども、これは非常に油の温度に強く、ピーナッツオイルを入れることによってパリパリ感がある、サクサク感がある天ぷらができると思います。



天ぷらの衣は卵、水、小麦粉の3種類をミックスすることによって作られています。

使っている小麦粉は薄力粉と言いまして、小麦粉の中でも一番軽めの粉を使っています。



天ぷらの食材の水分の出具合、空気の出具合、音を聞いて天ぷらが揚がったかどうかを判断します。



高めの温度で天ぷらをしっかりと揚げきるということが大事です。

揚げきると余分な油が食材の中に入りません。

これを心がけています。



コースの中に刺身を出すのは特に日本では伝統ではありませんが、ただうちの店ではお客様が「お刺身を食べたい」という要望があったのでお刺身を天ぷらのコースに入れています。

引用元:Facebook

1海外の反応

天ぷらのシェフになるのに20年!?








2海外の反応

>>1

別におかしくないぞ








3海外の反応

京都に行った時に天ぷらを食べておけばよかった…








4海外の反応

天ぷらの芸術だ








5海外の反応

これを見てとりあえずフライヤーを買ったわ








6海外の反応

よだれが出てきた…








7海外の反応

俺は将来、天ぷら職人になるのが夢なんだ…!








8海外の反応

彼は料理人ではない…アーティストだ








9海外の反応

オレオとポッキーを揚げているのが見えたが…?








10海外の反応

日本に行くべき理由はこれ








11海外の反応

この天ぷらに彼の人生の生き様が詰まってる