1海外の反応を翻訳しました

見てて気持ちいい日本風の木工技術







残りの gif 動画は↓の URL より

https://imgur.com/gallery/5AKbC


これらの gif 動画はこの人の Youtube 動画より



Dorian Bracht – YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCRGV5YMWtS0RR-SfJ2XU-8A/featured




2海外の反応を翻訳しました

見ててとても気持ちよかったわ!




3海外の反応を翻訳しました

ぜひ習ってみたいわ




引用元:Satisfying Japanese Wood Joinery by Dorian Bracht

4海外の反応を翻訳しました

こういうシリーズはいつ見ても見てて気分が良くなる
ハマるとめっちゃ気持ちいい!




5海外の反応を翻訳しました

俺が今まで見た中で本当に難しそうなジェンガだと思った




6海外の反応を翻訳しました

職人の手の動きは本当にカッコイイな




7海外の反応を翻訳しました

日本の木工技術は最も純粋で最も貴重な芸術形態の1つである




8海外の反応を翻訳しました

組接ぎを見てこんなにドキドキすると思わなかった!




9海外の反応を翻訳しました

何世紀も前から日本人はこういう技術を使ってたと考えるとすごいよね
彼らのレベルは以上だよ
釘やのりも使わずにすごいお寺を建てるんだぜ!




10海外の反応を翻訳しました

俺がもしマネしたら指をスマッシュしてしまいそうだ…




11海外の反応を翻訳しました

想像しただけで自分の親指が痛くなってきた




12海外の反応を翻訳しました

美しい、興味深い、そして関心した
日本のお寺がとても良く出来てるのも納得だ




13海外の反応を翻訳しました

ある日、1人の日本人職人が「もし釘が足りなくなったらどうするんだ?」と言った
それ以降にこれらの技術が生まれた




14海外の反応を翻訳しました

>>13
当時そもそも釘とか存在してなかったから




15海外の反応を翻訳しました

俺は面倒くさがり屋だからここまできちんとしたことは絶対出来ないだろうな




16海外の反応を翻訳しました

見ててすごいと思うからやってみたいと思ったけど、魔法使いじゃないと作るのは難しいらしい




17海外の反応を翻訳しました

ほとんど理解できるのに、この繋ぎ方がなぜあるのか理解できない
いつ使うの?
だったら最初から1本の長めに作っておけば良かったのに





18海外の反応を翻訳しました

>>17
これがあるから長さを調整することが可能になるんじゃん




19海外の反応を翻訳しました

釘を使うよりも高級感が出るね!




20海外の反応を翻訳しました

日本人の職人のように上手くなるためには何年もかかるんだろうなぁ…




コメント

  • 1.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 08:28

    他の世界じゃロストテクノロジーになって消えちゃっただけだと思うんだよね
    日本以外にもこういった継ぎ手の技術はあったはず

  • 6
  • 2.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 08:34

    最初から長くって言うけども
    長さ数十mの柱をつなぐのにも使われてたりするんだなぁこれが
    そんな長い一本の柱はないわけで

  • 4
  • 3.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 08:36

    17みたいな奴が外国にいる限り
    日本は安泰だわ

  • 3
  • 4.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 09:27

    釘はあったよ、さすがに。

  • 3
  • 5.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 09:45

    ※1
    確かドイツの建築も組み木があって今も職人残ってるし名誉職らしいよ

  • 0
  • 6.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 09:56

    >だったら最初から1本の長めに作っておけば良かったのに

    一部腐ったり燃えたり破損した時にそこだけ切り取って補修できるから。
    あとは巨大建築物とかね。

  • 4
  • 7.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 09:56

    ※3
    日本にも腐るほどいるから安心しろ

  • 0
  • 8.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 10:00

    柱の修復にも使われるよ、また釘はそこに
    力が集中しやすいので、長期間には向かない

  • 0
  • 9.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 10:27

    寺というより神社だな。寺はコンクリに建て替えるのにためらいないみたい。
    神社は木造にこだわっているよう。というか建て替えに同じものを作るということか。この間、建て替えるってんで寄付を要求された。

  • 0
  • 10.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 10:38

    最古の法隆寺にも最小限だけど釘が使われてるつーのに
    木に釘使うと木より先に釘が劣化するんだって事はわからんのだな

  • 3
  • 11.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 12:52

    ※10
    多湿で寒暖の差が大きい上に地震の頻発する日本に最適な木造建築の技術だからなぁ
    なんで石やレンガ使わないの?とか言って来る外国人と一緒で前提条件を分かってないんだと思う

  • 3
  • 12.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 15:43

    実験的にやってるから別にいいけど
    金取って人の物作るのに木材を金属ハンマー使ってたたいてたら怒られるだろうな。

  • 0
  • 13.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 16:09

    釘はあったし足りてたよ
    ただ湿度が高い日本では木を組む方が合理的ってだけ
    こういうのって西洋人は必ず「日本は文明がなかったから編み出された技術だ」って前提で話すけど
    そういう西洋人は当時の日本に釘があったことも知らない、日本が高温多湿なのも知らない、そしてなにより錆止め塗料がいつ開発されたのかも知らないんだよね

  • 2
  • 14.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月17日 16:13

    木造の船作ってたところはどこも同じような技術持っててもおかしくないと思う

  • 1
  • 15.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月18日 00:58

    どマイナーな漫画だけど、「親方」という江戸指物の親方を主人公にしたものがある。こういった木の組み方以外にも、木の釘の話や反りをどうするか、ほぞ穴をあける際の注意することなどが詳しく描いてあって面白い。
    上のコメで釘のことを言っている人がいるが、金釘を使わないだけで、木や竹の釘は使っていたと思うよ。

  • 0
  • 16.名無しの海外まとめネットさん 2017年05月28日 16:54

    姫路城の心柱ですな

  • 0