137a983c79df5afe7e876597b46d37a3

1海外の反応を翻訳しました



「ゲゲゲの鬼太郎」水木しげるさん 多臓器不全で死去 93歳

 「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家の水木しげる(みずき・しげる、本名武良茂=むら・しげる)さんが30日午前7時18分、多臓器不全で東京都内の病院で死去した。
93歳だった。鳥取県出身。

 水木さんは11日に東京都調布市の自宅で転倒。
頭部を強く打ち、入院していた。
葬儀は近親者で行い、後日、お別れの会を開く。
喪主は妻の武良布枝(むら・ぬのえ)さん。

 高等小学校卒業後、漫画家をめざし、大阪で働きながら漫画を学び、戦争中は陸軍の兵隊としてニューギニア方面に出征。
戦後は一時紙芝居を商売にしていた時代があった。

 1958年に貸本漫画家としてデビュー。
「河童の三平」「悪魔くん」などを発表し、「ゲゲゲの鬼太郎」が「週刊少年マガジン」に連載され、妖怪を扱う人気漫画家となり、テレビアニメ化されてからは妖怪ブームが巻き起こった。

 幼少時に妖怪の話を教えてくれた老婦人との交流を描いた自伝的なエッセー「のんのんばあとオレ」(後に漫画化)や「水木しげる 妖怪大画報」のほか、「総員玉砕せよ!」「娘に語るお父さんの戦記」など、戦傷で左腕を失った自らの戦争体験に根差した作品も多い。

 幼少期を過ごした鳥取県境港市には愛着があり、93年には「水木しげるロード」が設けられ、03年には「水木しげる記念館」が建てられた。
10年には妻の布枝さんが書いた「ゲゲゲの女房」がNHK連続テレビ小説として放映され、その生きざまが共感を呼んだ。
91年に紫綬褒章、03年には旭日小綬章を受章。
10年文化功労者。

スポニチ

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/30/kiji/K20151130011602450.html




2海外の反応を翻訳しました

俺は古い日本の漫画ファンだったんだけど、その中でも「ゲゲゲの鬼太郎」が一番好きだった
初期は暗くて俺の好みだったから後期のような可愛い感じより好きだった

RIP 水木しげるさん
あなたの作品はいつも俺も笑顔にしてたから
それと10歳の時に本当に怖い思いをさせてたよ




3海外の反応を翻訳しました

この人が居なかったら「妖怪ウォッチ」も無かったってことだよね
「ゲゲゲの鬼太郎」は怖い怪物ばかりだけどフレンドリーだし




4海外の反応を翻訳しました

>>3
君はごもっともな事を言ってると思う




引用元:Kotaku
引用元:Beloved Manga Artist Shigeru Mizuki Has Died

5海外の反応を翻訳しました

この知らせを聞いて本当に残念だと思った
常に素晴らしい漫画家だったし、「ゲゲゲの鬼太郎」以外の作品もすごく好き
戦争のやつとか




6海外の反応を翻訳しました

見てみろよ、年老いても漫画のスキルが凄すぎる
この人は本当にクレイジーな人生を歩んできたんだろうな
偉大なマンガの父の1人、手塚治虫より早く生まれたが、数十年も彼より長生きしてた





7海外の反応を翻訳しました

大きな遺産を残したね
俺は80年代と90年代の「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメが好きだったよ
今見ても本当にユニークな作品だよ




8海外の反応を翻訳しました

この出来事がキッカケで気になった人は2010年に出た彼と奥さんの映画を見てみなよ
「ゲゲゲの女房」ってやつ



『ゲゲゲの女房』は、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝。
また、同書を原案として2010年度上半期に放送された同名テレビドラマ。
映画化(2010年)、舞台化(2011年)もされた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲゲゲの女房




9海外の反応を翻訳しました

今夜は敬意を表して「水木しげるの妖怪武闘伝」をプレイする事にする





10海外の反応を翻訳しました

一瞬「宮本茂」のことかと思ってしまった!




11海外の反応を翻訳しました

原節子さんが亡くなってからそんなに時間が経ってないな
彼らの作品は今後も生き続けるだろうな
彼が亡くなってめちゃめちゃ寂しい




12海外の反応を翻訳しました

美しい人だったし、美しい作品だった




13海外の反応を翻訳しました

俺は「ゲゲゲの鬼太郎」の大ファンだったからすっごく残念だ!




14海外の反応を翻訳しました

俺は彼のミュージアムに行ったことがあるよ
そして俺はこれを買ったんだ
本当に悲しいな…





15海外の反応を翻訳しました

彼が生きられる時間はもう長くないだろうなと思ってた
雑誌の記事で彼は常に80年代の中で生きてきた人だと思う
本当に悲しいなぁ!




16海外の反応を翻訳しました

彼は日本語のアニメ、漫画を楽しむアメリカ人を嫌ってた気がする




17海外の反応を翻訳しました

>>16
もしそれが本当だったら余計に面白いと思うんだけどw




18海外の反応を翻訳しました

>>16
それがどうしたんだよ?
彼が嫌いだろうが俺は彼の作品が素直に素晴らしいと思うから関係ない!




19海外の反応を翻訳しました

彼の古き良きアニメ作品が大好きだった…
水木しげるさん…




20海外の反応を翻訳しました

俺は彼の作品が本当に大好きだった
たくさん楽しんだし…はぁ…





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 1.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 20:54

    おっさんだけど、「河童の三平」「悪魔くん」とか見てたな。
    子供心に妙に印象に残る漫画だったのを覚えている。
    なんだか寂しい気持ちになるな。

  • 1
  • 2.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 21:17

    短命職ナンバー1の漫画家の中で最長寿だったんじゃないかな?

  • -1
  • 3.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 21:21

    活動の場を妖怪の世界に移しただけじゃないの?

  • 3
  • 4.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 21:58

    ※3
    んだな!

  • -1
  • 5.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 22:32

    ついにこの日が来ちゃったかって感じだよな。。
    本当に残念で悲しい。

  • 2
  • 6.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 22:42

    よく小さい頃、ゲゲゲの鬼太郎を借りて読んでたりビデオ借りて見たりしました
    今思えば小学校時代に妖怪の怖さとかユーモアを教えてくれたのは、水木先生だったのかもしれません
    今までありがとうございました
    ゆっくり休んでください

  • 0
  • 7.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 22:54

    昭和の伝説が終わりを迎えました。
    謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

  • 0
  • 8.名無しの海外まとめネットさん 2015年11月30日 22:57

    水木先生は死なん、妖怪の世界にお帰りになっただけだ。

  • 0
  • 9.名無しの海外まとめネットさん 2015年12月01日 00:38

    今頃ねずみ男と酒でも飲んでるよ

  • 1
  • 10.名無しの海外まとめネットさん 2015年12月01日 07:03

    ※9
    ねずみ男の実家は三途の川の畔だからね。
    のんのんばあもこんなに遅く来るとは思わなかっただろう。
    先生の兄弟もまだ来ていないことにあの世代の人は驚いていそう。

  • 0
  • 11.名無しの海外まとめネットさん 2015年12月01日 08:06

    ※2
    いや、たしか、アンパンマンのやなせたかしは94歳だったはずだ
    杉浦幸雄も93歳で亡くなる直前まで漫画サンデーで連載をしていた現役漫画家だった

  • 1
  • 12.名無しの海外まとめネットさん 2015年12月02日 01:40

    御大と呼ばれるほどの漫画家はもう、数えるほどというか
    水木さんが最後だったかもしれないな・・・

  • 0