b223dfeacdeb8f3bb81625e0ab031213


1Anonymous

岐阜うちわ職人の住井一成様です­。
明治から100年以上続く「住井富次郎商店」の4代目で、現在、岐阜で残る唯一の岐­阜うちわ専業店です。





2Anonymous

やっぱり人の手で作られたものって良いよね。職人の情熱を感じる。




3Anonymous

こういうのってオンラインで買うことが出来るのかな?一つ欲しいんだよね。とても美しいうちわだ。




4Anonymous

面白い文化だなぁ!







5Anonymous

職人系のビデオが好きだからこういうの見れて本当に良かったと思った。ありがとう!





6Anonymous

へぇ、うちわの歴史って初めてみたけどそういうバックグラウンドがあったのか。面白いね。




7Anonymous

日本のアートは最高だ。
私もできればこういう人の元でものづくりの仕事がしてみたい!




8Anonymous

俺のオフィスのそれくらいクールだったらいいのになぁ〜w





9Anonymous

岐阜に行ってみたくなったよ。
こういうの教えてくれてありがとうね!





10Anonymous

うちわにそんな歴史があったなんて知らなかった!こういう事を知ると普段使ってたうちわに対する気持ちが変わるね。美しい岐阜うちわが欲しい!




11Anonymous

俺もいつか日本に遊びに行った時、岐阜うちわを手に入れる事が出来たらいいなぁ。




12Anonymous

うちわ作ってる所初めて見て楽しかった!





13Anonymous

とてもゴージャスで興味深い内容だった!




14Anonymous

今までたくさんのアートを見てきたけど、うちわの事に関しては初めて見たよ。そして僕みたいにうちわに注目してない人は多いと思う。
僕はこういう事が知れてラッキーだ。




15Anonymous

手作りするの好きだから私も挑戦してみたい。





16Anonymous

日本の情熱がたっぷりこもったものが欲しいなぁ!




17Anonymous

非常に美しいが値段はいくら位するのだろうか?




18Anonymous

岐阜に6ヶ月住んだ経験があるのに知らなかった…w




引用元:Shokunin | Gifu Fans 職人シリーズ 岐阜うちわ

コメント

  • 1.Anonymous foreignerさん 2015年04月23日 12:12

    岐阜は和傘が有名。
    1639年、戸田重光が藩主になる時に傘職人が明石からついて来て広めた。
    加納藩が財政難になった時、武士が傘づくりを担って収入源とした。
      ソース 毎日放送 ちちんぷいぷい

  • 0
  • 2.Anonymous foreignerさん 2015年04月23日 19:12

    お盆の時の提灯も岐阜だよね。

  • 0